なぜビジネスにコピーライター(セールスライター)が必要なのか?


スポンサーリンク


こんにちは、タニーです。

この記事では、「コピーライター(セールスライター)ってどんな仕事なのか?」について僕なりの考えをお伝えしていきます。

コピーライター(セールスライター)は今、世の中(特にビジネスの世界)に必要とされている需要の高い仕事です。

にも関わらず、まだまだ認知度も低く需要に供給が追い付いていない仕事でもあります。

ちなみに、この記事のタイトルに「コピーライター」と「セールスライター」を使っているのは、僕が両方の肩書きを使っているから、というのが理由です。

その理由も、後ほどご説明していきます。

この記事を通して、コピーライター(セールスライター)とは、

  • どんな仕事なのか
  • どう世の中に必要とされていて
  • どんな価値を提供できるのか

ということついて知ってもらい、この仕事に興味を持っていただけるとうれしいです。

コピーライター(セールスライター)の仕事とは?

コピーライター(セールスライター)という仕事を一言で説明しろと言われたら、「売るための文章を書く仕事」であると僕は答えます。

セールスの一番の目的は、商品やサービスを売ることですよね。少なくとも僕は、そう考えています。「人の心を動かす」「行動させる」「反応を得る」など、セールスライターの仕事に関してはいろいろな意見がありますが、それらはあくまでプロセスであり、セールスのゴールは「売ること」です。

コピーライター(セールスライター)とは「売るための文章を書く仕事」であり、ビジネスにおいては欠かすことのできない仕事なのです。

コピーライターとセールスライターの違い

「ライター」と名のつく職業ってたくさんありますが、その中でもよく聞かれるのが、「コピーライター」と「セールスライター」の違いについてです。

先ほどもお伝えした通り、僕は状況に応じて「コピーライター」と「セールスライター」両方の肩書きを使っています。

実は、僕が起業した当時は「コピーライター」を名乗っていました。でも、途中から「セールスライター」という肩書も使うようになりました。

なぜ「セールスライター」の肩書を使うようになったのかというと、そちらの方がストレートで分かりやすいと思ったからです。

基本的に使っているのはコピーライターですが、個人的には正直どちらでもいいと思っています。後ほど説明しますが、本質的には似たようなものなので。

より分かりやすいように、両方を合体させて「セールスコピーライター」なんて言ったりする人もいますね。

では、両方の肩書きを使うきっかけとなった、その微妙に分かりづらい「コピーライター」と「セールスライター」の違いについてお伝えしていきます。

コピーライターという仕事は、大きく以下の2つに分けられます。

  1. イメージ広告・ブランド広告のコピーを書くライター
  2. レスポンス広告のコピーを書くライター

イメージ広告・ブランド広告のコピーを書くライター

①のイメージ広告・ブランド広告というのは、主に企業や商品の認知やブランディングを目的とした広告のことです。例えば、以下のようなものです。

この動画では、ハーゲンダッツや商品の認知度、ブランドイメージが伝えられていますが、電話や注文を促したりという、直接的な購買行動は喚起されていません。この動画からいくら売り上げが上がった、ということも分かりません。これが、イメージ広告・ブランド広告と言われるものの一例です。

また、有名なコピーライターに糸井重里さんという方がいらっしゃいますが(スタジオジブリ・もののけ姫の”生きろ。”など、有名なコピーをたくさん手がけています)、糸井さんが書くようなコピーもイメージ・ブランド系に分類されるものです。

ちなみに、”わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(丸大食品)”とか、”お金で買えない価値がある(マスターカード)”、なども(一度はどこかで聞いたことがありますよね)、イメージ・ブランド広告のコピーになります。

レスポンス広告のコピーを書くライター

対して、②のレスポンス広告というのは、その名の通り「反応を得る広告」のことです。ちょっと良い動画がなかったので割愛させていただきますが、イメージで言うと「ジャパネットたかた」のような広告です。

CMや番組の最後に「今すぐお電話を」って注文を促しますよね。チラシにも必ず注文用の連絡先が書かれています。これがレスポンス広告と言われるものです。両者の違いについては、改めて別の記事で詳しくご説明しますね。

この、2種類あるコピーライターの中で、②のレスポンス広告のコピーを書くライターに分類されるのが、セールスライターなんです。

まあ、要するにセールスライターも大きな意味ではコピーライターだ、ということです。

ただ、コピーライターというと一般的には①のイメージ・ブランド広告のイメージが強いみたいで、自己紹介の時にいつも「糸井重里さんみたいな仕事をされてらっしゃるんですね」と言われてしまいます。

なので、状況に応じてコピーライターではなく、よりピンときやすい「セールスライター」という肩書も使っている、ということなのです。

イメージ・ブランド広告ライターとレスポンス広告ライターの違い

イメージ・ブランド広告ライターとレスポンス広告ライター。同じライターではありますが、それぞれに求められるスキルが違います。

イメージ・ブランド広告のライターには、文章力やセンス、高いクオリティが求められます。いかに質が高く美しい文章が書けるか、キャッチーなコピーを生み出すことができるか。豊富なボキャブラリー、文法の知識や表現技法などのスキルも必須です。

スポンサーリンク


一方、レスポンス広告ライターには、そのようなセンスや高い文章力は必要ありません。求められるのは、売り上げを上げるための文章(コピーライティング)を書くスキル、心理学やマーケティングの知識、そして人の気持ちや感情を読み取ることのできる能力です。

両者は似たような仕事でありながら、実は全く別物であるということがお分かりいただけると思います。ちなみに、レスポンス広告ライターは、イメージ・ブランド広告ライターと差別化するために、先ほどお伝えした「セールスコピーライター」とも呼ばれたりします。

基本的には、コピーライター=セールスライター=セールスコピーライターとお考えいただければOKです。

なので、ここからは「コピーライター」に統一して話を進めていくことにしたいと思います。

コピーライターが求められている理由

僕は、コピーライターとして起業して3年目(2018年現在)になります。ほとんど知られていませんが、実はこの仕事は100年以上も前から存在している歴史のある仕事(アメリカ発祥)なんですね。

そんなに昔からある仕事なのに、なぜ今改めてこの仕事が求められているんでしょうか。それは、インターネットの発達に大きな要因があると言えます。そして何より、売り上げに直結するスキルを持つ専門家だからです。

今や、ネットでモノやサービスを買うのは当たり前のことですよね。楽天やアマゾンなどを始め、数え切れないくらいのネットショップがあり、ネットで買えないものはないと言ってもいいくらい何でも買うことができてしまいます。

ここで一つ質問なのですが、あなたはネットでモノやサービスを買う時に、何を基準に買う・買わないを判断しますか?もちろん、画像や写真ということもあるかもしれませんが、やはりそこに書いてある文章なり文字情報なのではないでしょうか。

ただ写真や画像だけあっても、文字情報がなければ、どんなものなのかさっぱり分かりませんよね。同じ写真や画像なら、やっぱり文字情報が充実しているところを購買の判断基準にするはずです。高額な商品になればなるほど、ページに書いてある文言を読み込んで慎重に判断すると思います。

この文章・文字情報の質が売り上げに大きく影響してくるんです。インターネットでは、ページに書いてある文章で買う・買わないが判断されるからなんですね。ページの文章は売り上げを左右する重要な要素であり、その売れる文章を書くために必要なのが、コピーライティングと呼ばれるスキルです。

そのコピーライティングのスキルを使い、売れる文章を生み出していくのが僕たちコピーライター(セールスライター)ということになります。ちなみに、コピーライターはインターネットだけじゃなくチラシやDMなどの紙媒体を始め、ビジネスのあらゆるシーンで必要とされています。

さらに言うと、コピーライターはただ文章を書くだけではなく、商品づくりから集客・販売といったセールスプロセス・ビジネスモデル構築全般に関わり、売り上げを上げていくのが仕事です。

ビジネスで最も重要なのは、売り上げを上げることです。これは、どの会社も例外ではありません。売り上げがなければ経営を続けていくことはできませんからね。

コピーライターは、この売り上げアップに最もインパクトを与える存在です。なぜなら、売り上げを上げるための多くの施策や方法を知っていて、実際にそれらを使って成果を上げてきているからです。直接的な売り上げアップに貢献できるのは、僕たちコピーライター以外にはいません。

このような理由から、今、僕たちコピーライターのニーズがどんどん高くなり、世の中に求められる存在になってきているのです。

まとめ

いかがでしたか?コピーライター(セールスライター)がどんな仕事か、何となくお分かりいただけたでしょうか。

この記事では、コピーライターについての基本的なほんの一部だけをお伝えしました。深い部分については、他の記事でどんどんお伝えしていこうと思いますので、ぜひ楽しみにしておいてください。

余談ですが、まだまだ売り上げアップにおける文章の重要性を認識している人は、本当に少ないです。ネット上にある多くのホームページ・ランディングページ・セールスページが、売れる文章になっていないがために多くの売り上げを損してしまっているという事実があります。

社員さんがホームページをつくっている、マーケティングやコピーライティングを知らない外注に頼んでしまっている、自分で文章を書いている、というような状況なら、ぜひ一度文章を見直してみることをオススメします。

文章は誰にでも書くことができますが、コピーライティングのスキルを使った「売れる文章」は、なかなか書けません。しかも、ただ書くだけじゃなく効果性もテストして改善を繰り返していかなければ、本当に成果の上がるものは出来上がりませんからね。

思うように売り上げが上がっていないなら必須。もし売り上げが上がっているとしても、さらに売り上げをアップさせられる可能性があります。文章を少し変えただけで売り上げが2倍にも3倍にもなったという例は、実際にいくらでもあるので。

もし、思うように売り上げが上がらないとか、ページの文章に不安がある、もっと売り上げを上げたいとお考えなら、ぜひ一度お声がけくださいね。

きっと、あなたのお力になれるはずです!

お問い合わせはこちらをクリック

ぜひ以下の記事もご参考ください。ビジネスにおけるコピーライティングの必要性についてお伝えしています。

今すぐコピーライティングを導入すべき最大の理由

コメントを残す