コピーライター

セールスコピーライターが身に付けておくべきスキルとは?

たにもとです。

セールスコピーライターになって6年(2020年6月現在)。

セールスコピーライターとして食べていくには、どんなスキルが必要なのか?

僕のこれまでの経験から考える、セールスコピーライターが身に付けておくべきスキルについてお伝えします。

セールスコピーライターが身に付けておくべきスキルとは?

セールスコピーライターというと、文章を書く人というイメージがあるかもしれません。

ですが、セールスコピーライターの仕事は文章を書くだけではないのです。

マーケティングからセールス、果てはカスタマーサービスまで、ありとあらゆる業務に関わっています。

もちろん、コピーだけを書いて食べているセールスコピーライターもいるにはいます。

が、それだけで食べていけるのは、ほんの一部のトップセールスコピーライターだけ。

ほとんどの場合は、コピーを書く以外にも、セールスに関連するいろいろな業務に関わっていく必要があります。

特に、フリーランスのセールスコピーライターの場合、より多くのスキルを身に付けておくことが求められる。

極端に言えば、商品企画からセールス〜カスタマーサービスまで、すべてのことを1人でできるくらいのレベルです。

では、具体的なスキルについて1つずつ説明していきます。

文章スキル

よく「セールスコピーライターに文章スキルは必要ない」と言われたりします。

が、やはり基本的な文章スキルは必要です。

日本語として意味が通じないとか、何を書いているのか分からないような文章では、そもそも読んでもらえません。

「話すように書け」

とは言うものの、あまりに崩しすぎると逆に読みづらくなってしまいます。

フレンドリーな会話調が有効な場面もあれば、きちんとした文章を書かなければならない場面もある。

クライアントや案件によっても、求められる文章レベルは異なります。

文章のスキルがあるに越したことはありません。

セールスコピーライターは文筆家ではないといっても、やはりそれなりの文章スキルは必要だということです。

コピーライティングスキル

コピーライティングスキルは、先ほどの文章スキルとは少し違います。

文章スキルは、文章そのものを書くスキル。

コピーライティングスキルは、人を動かす文章を書くスキルです。

コピーライティングはセールスライティングとも言われたりします。

が、人を動かすという意味では、本質的にはコピーライティングもセールスライティングも同じものです。

セールスコピーライターは、何はなくともこの「コピーライティング」のスキルがなければ始まりません。

コミュニケーションスキル

セールスコピーライターというと、1日中パソコンに向かってコピーを書いている、みたいなイメージを持たれているかもしれません。

が、決してそんなことはないのです。

クライアントさんとチャットをしたり、SkypeやZoomでオンラインセッションをしたり。

オンラインだけではなく対面で打ち合わせをするということも、もちろんあります。

クライアントさん以外にも、顧客にヒアリングやインタビューをしたり、リアルでイベントの手伝いをしたりなど、人と接触する機会は意外と多いです。

業務を円滑に進めていくためには、このコミュニケーションスキルも重要になります。

セールススキル

セールススキルは、セールスコピーライターとしてだけではなく、自分自身の仕事を取るためにも必要です。

コピーライティングのスキルを身に付けたからといって、自動的に仕事が舞い込んでくるわけではありません。

スクールなどで仕事をあっせんしてくれる場合もあるものの、基本的には自分で仕事を取っていかなければならない。

ですが、セールスコピーライターとして独立した人のほとんどが、仕事が取れずにやめていくというのが現実です。

では、なぜ仕事が取れないのか。

それは、セールスコピーライターという仕事の認知度が低いことに加え、仕事を取るノウハウ自体がまだまだ確立されていないからです。

なので、セールススキルに自信がないとか、仕事上のコネがないというような場合は、まずはセールスコピーライターとして就職してからキャリアをスタートすることをおすすめします。

ちなみに、僕は就職せずにいきなりフリーランスで仕事を始めました。

僕がキャリア初期にどうやって仕事を取ったのかについては、以下の記事にまとめています。

よろしければ参考にしてみてください。

セールスコピーライターの仕事の取り方【いろいろなパターンを紹介】たにもとです。 セールスコピーライターは、どうやって仕事を取ればいいのか? この記事では、僕や僕以外のセールスコピーライターが、実際...

ITスキル

セールスコピーライターには、ITスキルも必須です。

最近では、GoogleドキュメントやWordPressなどを使ったCMS納品も増えています。

CMS納品とは:

WEBサイトや指定のプラットフォームに直接文章を打ち込んで装飾したり、画像をアップロードしたりして入稿する方法

それ以外にも、インターネットでセールスをする場合、

  • レポート類作成
  • オプトインページ作成
  • ランディングページ作成
  • セールスレター(セールスページ)作成
  • 決済フォーム作成
  • ステップメール作成
  • SNS運用(Facebook・Twitterなど)
  • ブログ・サイト運用
  • 動画編集
  • 画像編集
  • 特設ページ作成
  • 特設サイト作成
  • 広告運用(リスティング・Facebook広告など)

というような作業が必要です。

これら以外にも、細かいものを上げるとまだまだたくさんあります。

フリーランスのセールスコピーライターとして食べていくなら、最低でもこれらの作業が1人でこなせるくらいのスキルを身に付けておきたいところ。

もし外注に出すとしても、スキルがなければ的確に発注することができないので。

結果として、必要以上の時間と経費がかかることになってしまいます。

コロナ以降、インターネットセールスにシフトする企業が劇的に増えました。

これからは、ITスキルは必須どころか、より高いレベルでスキルアップしていかなければ成果を上げ続けるのは難しいと言えるでしょう。

マーケティングスキル

セールスコピーライターに限ったことではないですが、ビジネスで成功するにはマーケティングのスキルは必須です。

セールスコピーライターとしてより高い成果を上げるためには、与えられた商品やサービスのコピーをただ漠然と書くだけではなく、商品づくりやセールスにも積極的に関わっていく必要があります。

商品やサービスがショボければ、どんなにいいコピーを書いても売れません。

どんなにいい商品やサービスでも、ターゲットや市場を間違えたり、売り方がマズければ売れません。

商品づくりやマーケティングをクライアント任せにせず、積極的に関わっていくことがセールスコピーライターとして成果を上げる秘訣です。

心理学のスキル

コピーライティングの本質は心理学です。

コピーライティングは心理学を活用したものであり、優れたコピーを書くには心理学の理解が必須と言えます。

ただ、心理学と言っても、何から手を付ければいいのか分かりませんよね。

そこで、おすすめの本を2冊ご紹介しておきます。

とりあえず、以下の2冊を読んでおけば、セールスコピーライターとしての基礎的な心理学は一通りおさえておけます。

影響力の武器:なぜ人は動かされるのか

誠信書房
¥2,940 (2020/07/11 11:29:31時点 Amazon調べ-詳細)

セールスコピーライターになるなら必ず読んでおくべき鉄板の名著です。

限りなく黒に近いグレーな心理術

¥1,518 (2020/07/11 11:29:32時点 Amazon調べ-詳細)

日常で使える心理学のテクニックが網羅されています。

物語形式で書かれているため、読みやすく理解しやすい書籍です。

著者は、メンタリストDaiGoさん。

メンタリストDaiGoさんの本は、総じて難しい内容が分かりやすく解説されているのでおすすめです。

時間管理スキル

生産性を上げるには、時間管理は極めて重要です。

ダラダラとコピーを書いていても、生産性は上がりません。

生産性を上げるためのカギは集中力です。

集中力を高めるために効果的なのが、時間を区切るということ。

時間を区切りタイムリミットを設けることで、必然的に集中力が高まるのです。

その他にも、集中力を高める時間の使い方はたくさんあります。

もはや、時間の使い方が成功を左右すると言っても過言ではない。

ということで、時間の使い方について、おすすめの本を2冊ご紹介しておきます。

控えめに言って、人生が変わるレベルで参考になります。

僕自身、この2冊の内容の一部を実践しただけでもめちゃくちゃ生産性が上がりました。

ぜひ、あなたもこの本に書かれている内容を実践してみてください。

あなたの生産性が飛躍的に上がることをお約束します。

神・時間術

¥782 (2020/07/11 11:29:32時点 Amazon調べ-詳細)

エッセンシャル思考

セールスコピーライターが身に付けておくべきスキル:まとめ

セールスコピーライターが身に付けておくべきスキルについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

記事の内容からも分かるとおり、セールスコピーライターにはかなり高いスキルが求められます。

ただコピーが書けるだけでは、セールスコピーライターとして食べていくのは厳しいというのが現実です。

最低でも、この記事でご紹介したスキルはマストで身に付けておきたいところでしょう。

特に、フリーランスのセールスコピーライターなら、今回紹介したスキルはもちろん、1人で何でもできるくらいのスキルを身に付けるくらいの勢いでなければ生き残っていくのは難しいかもしれない。

ただ、簡単な仕事ではありませんが、それだけのやりがいがあるのも事実。

身に付けたスキルは、決して裏切ることはありません。

偉そうに書きましたが、僕もまだまだこれからです。

ぜひ、切磋琢磨しながら共に成長していきましょう!

ABOUT ME
たにもとみつひろ
基本的に、文章を書いて生きています。コピーライティング、インターネットを活用したビジネスの仕組み化や収益アップのノウハウを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。