セールスコピーライターは副業でのリスクヘッジが必須!

mac

たにーです。

セールスコピーライターで独立して、はや3年半。

長かったような、あっという間だったような。

そういや、1年くらい経ったころ「セールスコピーライターは食べていける!」って大々的に宣言してたなぁ。

3年半経って、改めて思うこと。

確かに、セールスコピーライターは食べてはいける。

食べてはいけるんだけど、フリーランスのセールスコピーライターは、やっぱり安定感がない。

なぜなら、収入をすべてクライアントに依存してしまっているから。

セールスコピーライターの仕事はクライアントありき

僕らの仕事はクライアントありきなので、自分さえ頑張ればどうにかなる、ってものでもない。

セールスコピーライターは、裏方の仕事。

クライアントにとっては、影武者のような存在。

なので、クライアントと二人三脚で仕事を進めていく必要がある。

成果を出すためには、頻繁にやり取りし深いレベルで関わっていくことが必須なんだけど、そうすると、どうしてもお付き合いするクライアントは限られてしまう。

同時に何人ものクライアントと付き合い、いくつもの案件を掛け持ちする。

そんな芸当、いちフリーランスのコピーライターができることじゃない。

もちろん、高いスキルを持っていれば可能なのかもしれない。

でも、僕の性分的に「浅く広く」より「深く狭く」の方が向いている。

だから、僕にはごく限られた数クライアントしかいない。

セールスコピーライターが成果を出すためには

しかも、成果を出そうと思えば、どうしても一定期間の専属契約という話になってくる。

単発で仕事をするより、長期にわたってマーケティングやプロモーションを請け負い動かしていく方が格段に成果が出やすいから。

当然、専属で仕事をすることになれば他の仕事は受けられなくなる。

道義的に、ということもあるけど、何より時間的な問題が大きい。

専属でマーケティングをやりプロモーションを回すことになると、それこそ24時間付きっきりになる。

他の仕事をやる余裕なんてない。

クライアントがよほど力を持っていれば、しょぼいコピーやプロモーションでもそこそこの売り上げは期待できる。

そんなクライアントばかりなら、片手間で掛け持ちしても、それなりの成果を上げることができるかもしれない。

でも、そんなクライアントなんて数えるほどしかいないし、そういうところはだいたい自分のところで専属のライターを抱えている。

僕らのクライアントは、これからマーケティングやコピーライティングの力を使ってビジネスを大きくしていこう、というところがほとんど。

なので、そのような状況で成果を上げるためには、どうしても一点集中でお付き合いしていく必要がある。

クライアントを絞ることのリスク

ビジネスで最悪の数字は「1」。

これは、ダンケネディが言っていたこと。

成果を上げるためには、付き合うクライアントを絞る必要がある。

でも、クライアントを絞ることに一定のリスクも伴う。

例えば、専属契約で1社とだけ付き合うとして…

もし、そのクライアントになにかあったら?

もし、突然契約を解除されたら?

当然、その瞬間仕事がなくなり収入もゼロになってしまう。

そうは言っても、現実的にはなかなかそんなことは起こらないだろう。

あなたは、そう思われるかもしれない。

ですが、こういうことは十分に起こり得る。

実際、僕も経験していることだけど、切られるときはあっさり切られる。

話しは違うけれど、昔、朝会社に行ったら倒産していた、という知り合いもいた。

ビジネスの世界は、とにかく厳しい。

自分には妻も子供もいるんだー

なんて泣きついたところで、そんなが通用するわけでもない。

どんなに一生懸命仕事をしたって、思うように成果が上がらないこともある。

成果を出せなければ、価値はゼロ。

仮に成果を上げていたって、経費を削減し、より利益を残すために切られることだってあるのがビジネスの世界。

そんなリスクを抱えたまま、いい仕事なんてできる?

もちろん、答えはNo。

僕は別に、クライアントがこのような選択をすることを悪いと言っているわけじゃない。

ビジネスにおいて、利益を追求するのは至極当然のこと。

このような事態に備え、最低限のリスクヘッジはしておかなければ。

誰も自分のことなんて守ってはくれないんだから。

セールスコピーライターは副業で稼ぐ!

自分の身は自分で守る、でも一体どうすれば?

そうだ、副業だ!

コピーライティングのスキルを、自分のために使えばいいじゃないか!

なんでこんな簡単なことに今まで気付かなかったんだ!

いや、厳密に言うと気付いてはいた。

でも、それなりにうまくいっていたので、その必要がなかったというのが正直なところ。

今はまだ大丈夫だろう、そうタカをくくっていた僕が直面した、突然の契約解除の危機。

収入を特定のクライアントだけに依存しているというリスクを、改めて痛感することとなった。

明日から収入はゼロ、そんな最悪の事態は絶対に避けたい。

そんなことになったら、家族ともどもジエンドだよ…。

これから新しいクライアントを探すにしても、収入減に対するリスクヘッジはしておかなければならない。

同じことを繰り返すのは、バカのやることだからね。

ってことで、これから本気で副業やります

まあ、今までも細々とやってはいたんだけど、目標はコピーライターの収入がなくなっても大丈夫なくらいの額を副業で稼ぐこと。

口だけ野郎になるのはイヤなので、リアルタイムの副業実践記も更新していく予定です。

どれだけ稼げるのか、そもそも本当に稼げるのか?

っていうか、コピーライターがネットを使って稼げなかったらアウトなんじゃ?って声が聞こえてきそうだけど…。

ではでは、こうご期待!

続報をお楽しみにー!


コメントを残す