WordPressの使い方

wordpressでプラグイン有効化後に致命的なエラーが発生した場合の対処法

たにもとです。

この記事では、プラグインをインストールして有効化した際に発生する「致命的なエラー」の対処方法についてお伝えします。

プラグイン有効化の際の致命的なエラーは、手順通りにやれば確実に復旧可能なので、ぜひ落ち着いて作業してみてください。

wordpressでプラグイン有効化後に致命的なエラーが発生した場合の対処法

先日、サイトの表示スピードを上げようと思って、画像遅延系のプラグインをインストールして有効化したら、なんと…まさかの「致命的なエラー」が!

wordpressの致命的なエラー

ま、まじかー!

しかも、こういうときに限ってバックアップを取っていない…。

致命的なエラーの原因となったプラグイン

その「致命的なエラー」の原因となったプラグインは、画像を遅延表示させる「Lazy Loader」。

lazy loader

他のサイトで使ったときはエラーは起きなかったのですが、もしかすると、今使っているテーマとは相性が悪いのかもしれません。

いろいろ調べてみたところ、このような画像遅延系のプラグインは結構トラブルの原因になることがあるらしいですね。

エックスサーバーは自動バックアップで安心

ちなみに、僕が使っているエックスサーバーは、定期的にデータを自動でバックアップしてくれています。

このバックアップデータは購入できるので(10,800円必要)、最悪サイトが消えてしまっても、サイトを復旧することが可能。

こういうトラブルって、バックアップしていないときに限って起こったりするものです。

なので、サーバー側でバックアップしてくれているというのは、保険のような感じで安心できますね。

wordpressでサイト運営するなら、エックスサーバーはおすすめです。

上位表示している多くのサイトが使っているだけあって、信頼性は間違いないですし、高スペックなのにリーズナブルな価格設定で、控えめに言ってコスパは最強。

WordPressの引っ越しも超簡単なので、ぜひ使ってみてください。

≫ エックスサーバー

契約方法は、以下が参考になります。

エックスサーバーを契約する方法【メリット・デメリットも解説】 たにもとです。 この記事では、エックスサーバーの契約方法をステップバイステップで解説していきます。 上から順番に同じように...

致命的なエラーの具体的な復旧手順

プラグインを入れて致命的なエラーが出た場合、そのプラグインを削除してやればエラーは消えます。

ただ、致命的なエラーのため、管理画面にはログインできません。

なので、FTPソフトを使って力技でデータを削除することに。

エックスサーバーにはFTP機能が備わっているので、それを使って作業します。

あなたの使っているサーバーに同じような機能があれば、それを使えばOKです。

もしFTP機能がない場合、「FFFTP」のようなFTPソフトをダウンロードして、そこからデータにアクセスしてください。

「FFFTP」のインストール方法は、以下の記事が参考になります。

コンピューター
Xサーバーでワードプレスのドメイン変更した手順を解説【図解】たにもとです。 この記事では、Xサーバー内でWordPressサイトのドメインのみを変更した一連の流れをお伝えします。 さらに、ドメ...

FTPソフトを起動

ということで、今回はエックスサーバーのFTPソフトを使った方法を紹介します。

まずは、エックスサーバーの管理画面にログイン。

「ファイル管理」をクリックします。

Xサーバーダッシュボード

プラグインが格納されているフォルダにアクセス

ファイル管理ができる「Web FTP」にログインできたら、まずはフォルダをチェック。

wordpressをインストールしているドメインのフォルダを探します。

僕のサイトは「tanilog.jp」にインストールされているので、このフォルダをクリック。

タニログ

すると、次に「wp-content」というフォルダがあるので、これをクリック。wordpress致命的なエラー

次に、「public_html」のフォルダをクリック。

wordpress致命的なエラー

そして次に「plugins」のフォルダをクリック。

このフォルダの中に、インストールしているプラグインのデータがすべて入っています。

wordpress致命的なエラー

フォルダを開いてみると…ありました!

「lazy-loading-responsive-images」ですね。

名前は少し違っていますが、このプラグインに間違いありません。

lazyloader

プラグインをフォルダごと削除する

早速プラグインを削除しましょう。

左のチェックボックスにチェックを入れ、「ファイルの削除」をクリック。

wordpressプラグイン削除

削除が完了したら、サイトの管理画面にアクセスし、IDとパスワードを入力しログインしてみます。

本当に復旧しているのか!?
緊張の瞬間です…。

タニログ

おおー!

無事ログインできました!

プラグインの管理画面を開いてみると、以下のようなメッセージが。

wordpress致命的なエラー

「エラー:プラグインファイルが存在しません」

どうやら、ちゃんとファイルが削除されたようです。

wordpressでプラグイン有効化後に致命的なエラーが発生した場合の対処法まとめ

プラグインの競合でエラーが出て画面が真っ白になるのは、わりとよく起こります。

僕は何度も経験しているので、画面が真っ白になっても「ああ、またか」というような感じなのですが、初めてだと画面だけじゃなく「頭も真っ白」になってしまいますよね。

でも、落ち着いて対処すれば何の問題もありません。

焦ってXサーバーのデータを買わなくても大丈夫です。

以下の記事では、プラグインでバックアップを自動化できる方法を紹介しています。

もし、まだバックアップの設定をしていないようなら、この機会にぜひ設定しておいてください。

もしトラブルがあった場合でも気軽に復旧できますし、無駄な出費をしなくて済みます。

WordPressのバックアップ方法【プラグインで自動化】 たにもとです。 この記事では、WordPressのバックアップ方法を解説します。 プラグインで定期的なバックアップを自動化...
ABOUT ME
たにもとみつひろ
基本的に、文章を書いて生きています。コピーライティング、インターネットを活用したビジネスの仕組み化や収益アップのノウハウを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。