ガラケーって何?意味や由来を調べてみた

フィーチャーフォン


スポンサーリンク


こんにちは!タニーです。

先日、子供に
「ガラケーってなに?」
と聞かれました。

タニー

え?折りたたむ携帯電話のことでしょ?

「じゃあ、なんでガラケーっていうの?」

タニー

・・・・・・

うーん、改めて聞かれると
よく分からない…。

ということで、ガラケーについて
今さらながら調べてみました。

ガラケーの意味は?

ガラケー=ガラパゴス携帯

ということは知っていたのですが、
じゃあなんでガラパゴスって
言うのかと聞かれるとよく分からない。

ガラパゴス=ガラパゴス諸島

ガラパゴス諸島は、他の島と隔離された
環境にあったため、独自の進化を遂げた
生物が多いことで有名ですよね。

イグアナ

この現象になぞらえて、携帯電話に限らず
特定の製品がその国で独自の進化を遂げ
国際基準に合わなくなってしまうことを
「ガラパゴス化」と呼んでいます。

つまり、ガラパゴス化した携帯、
「ガラケー」ということです。

ガラケーの由来は?

では、なぜこの「ガラケー」という
言葉ができたのでしょうか?

一説によると、Appleのiphoneが
日本に参入してきた2007年ごろ
スマホと対比させる目的でつくられた
言葉のようです。

最近では、ガラケーのことを
「フィーチャーフォン」とも
呼んだりします。

フィーチャーフォンはもともと
海外で使われていた、高機能な
携帯電話を指す言葉です。

ガラケーとフィーチャーフォンは
同じものだという認識でOKです。

ガラパゴス化するとどうなる?

製品がガラパゴス化すると
一体どうなるのか?

製品が進化することは、消費者に
とって良いことかもしれません。

ですが、その進化が国際標準に
合わなければ、当然製品の
国際競争力は弱くなります。

グローバル化する経済において、
国際競争力の低下は致命的です。

そのような製品は、海外で
戦えないため、結局国内で
消費するしかありません。

スポンサーリンク


高齢化し人口の減少する日本において
国内だけの需要に頼っていては
ビジネスの拡大もできないでしょう。

世界を相手に勝負できる製品を
持たなければ、日本の競争力は
ますます弱くなります。

将来的に国際的な立場も危うくなる
可能性だってあるわけです。

ガラパゴス化した日本の代表的工業製品

ちなみに、ガラパゴス化している
日本の特徴的な工業製品に
軽自動車があります。

最近の軽自動車はとても高性能で
普通車と変わらないくらい品質の
良いものが増えていますよね。

でも、軽自動車の規格は
実は日本独自のものなのです。

軽自動車

税金や燃費など維持費の安さも
相まって、軽自動車の市場は
とても盛り上がっています。

ですが、海外のメーカーにとっては
軽自動車は日本の独自規格のため、
日本の市場に参入できません。

TPPでも、そのあたりが
争点になっていましたよね。

もっとも、将来的に人口が減少し
需要も縮小していくのが確実な日本市場に
資本を投下して参入するメーカーが
今後現れてくるのでしょうか。

まとめ

ガラケーだけでなく、日本には世界に誇る
素晴らしい製品がいっぱいあります。

これらを、日本だけで消費するのは
本当にもったいないです。

良い製品は、どんどん世界に
アピールしていって欲しいと思います。

今、日本は人口の減少にともない
マーケットも縮小しつつあります。

そして、将来的にはこれがさらに
加速していくことは間違いありません。

今まで以上に海外に目を向け、
世界標準で物事を考え、国際的な
競争力を鍛えていく必要が
あるのではないでしょうか。

僕自身も、世界的な視野で物事を
考える思考を身に付けたいと思います!

おすすめコラム

英語で表現できない日本人の「反省する」メンタリティ

コメントを残す