WordPressの使い方

wordpressの固定ページを投稿ページに変換する方法【逆もOK!】

wordpressの固定ページを投稿ページに変換する方法(逆もOK!)

たにもとです。

wordpressの固定ページを投稿ページに変換する方法を記録しておきます。

wordpressの固定ページを投稿ページに変換する方法【逆もOK!】

固定ページを投稿ページに変換するには、「pTypeConverter」というプラグインを使います。

投稿ページ→固定ページへの変更も可能です。

プラグイン「pTypeConverter」をインストール&有効化

ダッシュボードのプラグインから「pTypeConverter」を検索し、「今すぐインストール」をクリック。

pTypeConverterの設定1

インストールできたら「有効化」をクリック。

バージョンは古いですが、普通に動きます。

使う時だけ有効化すればいいので、特に問題はないかと。

pTypeConverterの設定2

固定ページ・投稿ページの変換

インストールできたら、「ツール」から「pTypeConverter」をクリック。

pTypeConverterの設定3

変換したい投稿タイプを選択すると、一覧が表示されます。

・post=投稿ページ
・page=固定ページ
・attachment=カスタム投稿ページ
pTypeConverterの設定4

次に、表示したい投稿数を選びます。10から無制限まで選択可能です。

pTypeConverterの設定5

変換したいタイトルにチェックを入れ、変換したい投稿タイプを選びます。

以下の画像だと、「プロフィール」の固定ページ投稿を、投稿ページ(post)に変換する設定となっています。

「Selected items to:」の欄をクリックすると投稿タイプが選べます。設定が確認できたら、「Convert!」をクリック。

pTypeConverterの設定6

以下の確認画面が表示されるので、再度内容を確認して間違いがなければ「OK」をクリックしてください。

pTypeConverterの設定7

無事変換が完了すれば、以下のように「Success!」が表示されます。

pTypeConverterの設定8

以上で変換作業は終了です。

実際に管理画面やページを表示してみて、きちんと変換できているか確認してみてください。

なお、ページタイプを変更したことによりメニューやウィジェットにも変更が反映されています。

パーマリンクは同じなのでページが表示されないということはありませんが、念のため各種設定を確認しておくことをオススメします。

まとめ

固定ページで作成したけど、やっぱり投稿ページにしたいなぁ、なんていうことはよくあると思います。

このプラグインを使えば、わざわざページをつくり直さず簡単に投稿タイプを変更できてしまいます。

しかも、変換したいページを一括変換できるのでとても便利です。

作業自体は簡単なので、ぜひ活用してみてください!

ABOUT ME
たにもとみつひろ
基本的に、文章を書いて生きています。コピーライティング、インターネットを活用したビジネスの仕組み化や収益アップのノウハウを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。