マーケティング

メルマガ出し過ぎ?最適な配信頻度と開封率を上げるチェックポイント

たにもとです。

この記事では、メールマガジンの最適な配信頻度と開封率を上げるためのチェックポイントについて、僕の経験をもとにお伝えします。

日々継続してメルマガを出し続けている僕が、最近の傾向から考察した内容ですので、きっと参考にしていただけると思います。

メルマガ出し過ぎ?最適な配信頻度と開封率を上げるチェックポイント

最近思い始めました。

メールマガジンの出し過ぎは、むしろ逆効果なんじゃないか?って。

というのも、同じ人から多いときで5通も届くことがあるからです。

プロモーション中は1日に何通も送信するなんてよくあることですが、平時のときで1日5通は正直スパムレベルだと思います。

実際、1日に何通も送られても全部見られないし、見ないです。

しかも、1通あたりがまた長い。

数千文字、ときには1万文字以上なんてことも。

読むだけでも時間かかるし、そんなにメルマガばかり見てるヒマありません。

これだけ多いと、自分にとってどれが必要なメールなのかも判断しづらくなりますし。

メルマガに慣れている僕でさえ、さすがにうざいと感じるくらいです。

メルマガの配信頻度と開封率の関係

僕は、リサーチのためにいろんなメルマガに登録しています。

メルマガ配信者の頻度を見てると、だいたい1日1通をノルマで送ってる人が多いです。

メルマガの教材などを見ていても、関係性構築や維持のために毎日送るように教えているものがほとんどだと思います。

これは、ザイオンス効果を狙ってるんですね。

ちなみに、ザイオンス効果とは「接触回数が増えるほど親近感や好印象を持つようになる」というもの。

単純接触効果とも言います。

たまにしか会わない人より、よく会う人の方が親近感も湧くし印象もよくなりますよね。

なので、僕自身もその効果を狙って毎日趣向を変えたメールを送ってました。

いろんなターゲットにフックするよういろんなアプローチで継続的にメールを送り、開封率を高める。

これはとても有効な方法には違いないと思うんですが、毎日まいにちメールが送られてくると、なんとなく見なくなっちゃいそうな気がして。

というのも、僕がそうだからなんですけど。

あなたはどうですか?届いてるメール、毎回開けて見ていますか?

毎日送られてくるのに慣れちゃって、フェードアウトしちゃったことってないですか?

メールが多すぎて開けるのが面倒くさくなっちゃったとか。

もしくは読むのに大変で読まなくなっちゃったとか。

メルマガ開封率アップのチェックポイント

ある本には「メルマガは週1回くらいでスケジュールを決めて送るくらいがちょうどいい」と書かれていました。

送り過ぎると本当に読んでもらいたいメールを見てもらえなくなる可能性があるし、逆にたまに届くから気になるし開封するんだ、って。

これを読んで「確かにそうかもしれない」と思いました。

たまに来てると目に付きますし、配信がないと「そういや最近届いてないなぁ」なんてわざわざメールボックスを検索しちゃったりします。

また、「最適な配信頻度は市場やターゲットによって違う」とも書かれていました。

株式や占い、天気などの日々変化するものを扱う市場は日刊でもいい。

でも、キャンプやアウトドアなど毎日送る必要のないジャンルなら、週1回でも十分ということです。

もちろん、毎日メルマガを楽しみにしてる熱烈なファンもいるでしょうから一概には言えません。

でも、これらの理論は一理あると僕は思うんです。

それに、毎日しっかりしたメルマガを書くのはそれなりに大変ですし、やっつけのような完成度の低いメルマガを送り続けていると、見る価値がないと判断され離脱されてしまうかもしれません。

逆に読む方も、ボリュームのあるメルマガを毎日読むのは意外と大変。

読むことが負担になってしまえば、いずれ読まなくなってしまうということも十分に起こり得ます。

僕のように。

メルマガ頻度を減らしてみた結果

ちなみに、これを読んでメルマガの配信頻度を減らしてテストしてみています。

これまでは1日1通のペースで送ってたんですが、それを3日~1週間くらいのペースに変えてみました。

まだ詳細な数字が出てないのでなんとも言えませんが、肌感覚的には頻度を減らして反応が上がった気がします。

毎日送るのがいいのか、間隔を開けて送るのがいいのか。

最適な頻度についてテストしてみる価値はあるはずです。

「最近メルマガの反応が鈍ってきた気がするなぁ」というときは、一度配信頻度を確認してみるといいかもしれません。

まとめ

なお、このテーマに関しては昔から議論がおこなわれていますが、配信頻度に関しては明確な答えがない、というのが正直なところです。

配信者それぞれの状況や環境、求める成果によってもまったく違ってきますので。

なお、今回お伝えした内容は、あくまでも僕の場合の話です。

あなたにとってどんな配信スタイルがベストなのか、ぜひいろいろと試してみてください。

参考になれば幸いです。

ABOUT ME
たにもとみつひろ
基本的に、文章を書いて生きています。コピーライティング、インターネットを活用したビジネスの仕組み化や収益アップのノウハウを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。