macでスカイプ(skype)を録音・録画する方法


スポンサーリンク


こんにちは、タニーです。

この記事では、macでスカイプで録音・録画をする方法をお伝えします。

クイックタイムを使ったオーディオ収録・画面収録の方法とは少し設定が違うのですが、いつもそれを忘れてしまう(汗)自分への備忘録代わりに書き残しておきます。

スカイプ録音・録画に使うアプリ

macでのスカイプ録音には、3つのアプリを使います。

「Quick Time Player」、「Soundflower」、「Ladiocast」です。クイックタイムはmacに標準でインストールされているアプリです。

SoundflowerとLadiocastは別でインストールする必要がありますが、検索すれば最新バージョンのダウンロードページがすぐに見つかりますので、それぞれ検索してダウンロードしてください。

参考までに、各アプリダウンロードページのリンクを記載しておきます。

もしリンク切れになっていたらすみません。お手数ですがご自身で検索をお願いします(笑)。

Soundflowerのダウンロードはこちら

Ladiocastのダウンロードはこちら

Soundflowerの設定

それではまず、Soundflowerの設定方法をご説明します。

ヘッダーバー左上のシステム環境設定から、サウンドを開きます。

 

そして、以下のように、サウンド出力の「サウンドを出力する装置を選択」欄から「内蔵スピーカー」を選択します。

 

以上でSoundflowerの設定は終了です。では次にLadiocastの設定に移ります。

Ladiocastの設定方法

Ladiocastの設定方法です。まず、LaunchpadからLadiocastを開きます。

 

すると、以下のようなミキサーの設定画面が開きますので、この画像の赤枠と同じように設定をしてみてください。

設定をするのは3箇所です。

 

入力1は「内蔵マイク」、入力2は「Soundflower(2ch)」、出力メインは「Soudflower(64ch)を選択して設定してください。

これで、Ladiocast側の設定は終わりです。次は、スカイプ側の設定をおこなっていきます。

Skypeの設定

それでは、まずスカイプを立ち上げます。

そして、以下のようにメニューバーをクリックし「オーディオとビデオの設定」を選択します。

 

すると、以下の設定画面が立ち上がりますので、こちらも赤枠の中と同じように設定してみてください。というより、これがデフォルトだったような気がします。

スポンサーリンク


 

他の設定方法を紹介しているところもありますが、僕はこの設定でいけました。

QuickTimeの設定

では、ここでクイックタイムを立ち上げ、任意の収録方法を選択します。

 

すると、以下の画面が立ち上がりますので、画像と同じように設定をしてみてください。

収録ボタンの横のマークをクリックし、Soundflower(64ch)を選びます。オーディオ収録も画面収録も同じ設定でOKです。

 

そして、収録ボタンを押すと以下の文言が表示されます。画面をクリックするとそのままフルスクリーンで収録。

 

このように、任意のエリアをドラッグすることで部分的な収録が可能です。

 

収録が終わったら、再度収録ボタンを押せば収録完了です。

画面録画の場合は、上部のメニューバーに収録停止ボタンが格納されていますので、そこをクリックすれば収録を終了することができます。

まとめ

スカイプの収録手順は以上です。

コピーライターをやっていると、スカイプを使って打ち合わせをしたりインタビューをしたり、ヒアリングをすることがたくさんあります。

当然メモを取りながらおこなうのですが、どうしても話のスピードについていけないことや聞き逃してしまう、ということが起こってしまいます。

そこで、念のためにスカイプを収録しようとするのですが、いつもLadiocastの設定方法を忘れてしまいます。

なので、この記事を書いて備忘録として置いておこうと思ったわけです。実際、設定のためにたまに自分で見ています笑。

ちなみに、Macで音声入りの画面収録をしたい、という場合は以下の記事を参考にしてみてください。

macで音声入りの画面収録をする方法

 

余談ですが、最近ユーザーが増えてきている「Zoom」は、特別なアプリやソフトなど必要なく画面や音声が収録できます。いや、これは本当便利です。ボタンひとつでできるんですから。

1対1のミーティングなら無制限で無料で使えますし、音質も良いし軽いのでとてもオススメです。

最初はちょっと操作方法が分かりづらいところもありますが、慣れれば簡単です。まあ、何でもそうですよね。スカイプのように、相手がアプリを持ってなくても使えてしまうというのがZoomのメリットでもあります。

スカイプの収録方法を紹介しておきながら何ですが、Zoomは結構オススメです笑。ぜひ一度使ってみてください。

Zoomはこちら

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

もし、あなたのお役に立てたなら「いいね!」などいただけるとうれしいです!

 

追伸:
音声や画面を収録する際には、事前に相手の方に許可を取られることをオススメします。最低限のマナーとして。


1 COMMENT

コメントを残す