サーバー・ドメインの使い方

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

たにもとです。

この記事では、エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法を解説します。

本来であれば、301リダイレクトはアクセスを管理しているファイルの書き換えなどが必要なので、初心者だと少しハードルが高い作業です。

でも、エックスサーバーを使っていれば、ややこしいファイルの書き換えなどもなく簡単に設定できます。

ぜひ試してみてください。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

まず、エックスサーバーのダッシュボードにログインします。

≫ エックスサーバーのログインはこちらから

ダッシュボードにログインできたら、サーバーパネルに移動します。

「サーバー」のメニュー内にある「サーバー管理」をクリック。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

サーバーパネルに移動したら、ホームページのメニュー内にある「サイト転送設定」をクリック。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

リダイレクトを設定したいドメインを選択します。

設定するのは、転送元となるドメインです。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

ドメインが選択できたら、「リダイレクト追加設定」をクリック。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

転送元・転送先記事のURLをそれぞれ記入します。

記入できたら「確認画面へ進む」をクリック。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

入力したアドレスを確認し、問題がなければ「追加する」をクリック。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

「リダイレクト設定一覧」に先ほど入力したURLが設定されていればOKです。

これで、 http://tanilog.jp/sample1/ にアクセスされると、 https://tanilog.jp/gmail-change/ が表示されるようになりました。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

リダイレクト元の記事の扱いについて

リダイレクト元の記事は、同じサイト内のリダイレクトであれば消さなくても構いません。

例えば、過去記事を別URLで新しく書き直す、というような場合です。

旧URLへアクセスされた場合、新URLへリダイレクトされるので、そのまま置いておいてもコピーコンテンツにはなりません。

別サイトへのリダイレクトの場合

別サイトへ記事を移行しリダイレクトさせた場合、移行元の記事は非公開にしておけばOKです。

非公開にしておかないと、サイト内を巡回している読者がいきなり別サイトに飛ばされる、ということが起こってしまいますので。

ただ、記事自体は削除せずに「非公開」にしておくことをオススメします。

というのも、記事を移行したけど、何らかの理由で「やっぱり元のサイトに戻そう」となったような場合、記事を残しておけば簡単に復旧できるからです。

なお、301リダイレクトに関しては、サーチコンソールからの記事削除依頼&インデックス登録は不要です。

リダイレクトさせず記事を別サイトに移行する場合は、サーチコンソールからインデックス削除&再登録をしてください。

その場合、記事の評価は引き継がれずリセットされてしまいますのでご注意を。

リダイレクト設定を削除する場合

もし、この転送設定が必要なくなった場合は「削除」をクリックしてください。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

「以下のリダイレクト設定を削除しますか?」というメッセージが表示されるので「削除する」をクリック。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

「リダイレクト設定の削除が完了しました」と表示されればOKです。

エックスサーバーを使った301リダイレクトの設定方法

以上で、エックスサーバーを使った301リダイレクト設定の解説は終わりとなります。

リダイレクトについてはいろいろな説がありますが、最終的にはあるべき順位に落ち着いてくるので、それほど神経質になることはないと考えています。

参考になれば幸いです。

ABOUT ME
たにもとみつひろ
基本的に、文章を書いて生きています。コピーライティング、インターネットを活用したビジネスの仕組み化や収益アップのノウハウを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。