セールスレターと天秤ばかり

天秤ばかり

こんにちは、たにーです!

天秤ばかり、覚えてますか?

小学校の理科の実験で
一度は使ったことがあると思います。

ピンセットで分銅を天秤に乗せ
重さを量りましたよね。

「手で持つな!重さが変わる!」

と、よく先生に怒られていた
記憶があります。

実は、セールスレターを書く際には、
この天秤ばかりを使うと良いんです。

「は?セールスレターを書くのに天秤ばかり?」

と思われるかも知れませんので、
使い方をご説明します。

天秤ばかりを目の前において、

・左側のお皿には「値段」
・右側のお皿には「ベネフィット」

を乗せていきます。

なぜ、こんなことをやるのかというと、
お客様は値段とベネフィットを
天秤にかけているという意識を持つためです。

前回の記事で紹介した最強の説得方程式、
『スーパーフォーミュラ』に基づいて
値段とベネフィットのバランスを取っていきます。

必然的に、右側が重くなればなるほど
値段も上がっていく、ということになるのです。

右側が重ければ重いほど、
簡単に売る事ができます。

逆に左側が重くなるほど
売るのも難しくなります。

要するに、商品やサービスの価格を
上げたければ、『スーパーフォーミュラ』と
ベネフィットを重くしろ、ということです。

高額の商品が売れないという場合は、
この『スーパーフォーミュラ』とベネフィットが
重くないということなのです。

書きながら、両方の天秤にどんどん重りを
乗せていくことで、価格と価値の高い
商品にすることができます。

お客様の不安、悩み、問題を解決し、
欲望を満たす度合いが高ければ高いほど
価格もどんどん上がっていきます。

この天秤を意識することで、
高額でも売れる商品、セールスレターを
生み出すことができるのです。

Jrコピーライター養成スクールでは、
この天秤ばかりを購入することが
宿題として課されます。

僕が購入した天秤ばかりはこちらです。

天秤ばかり

僕が買ったアンティークな天秤ばかり

アンティークなものが、
雰囲気があっておススメです。

ヤフオクなどで検索すれば、いい感じの
天秤ばかりが見つかると思います。

モノによっては、値段はそれなりはなりますが…。

ちなみに、ヤフオクで良さそうな天秤ばかりを
見つけて入札しておいたところ、まさかの
落札失敗となってしまったことがあります。

天秤ばかりなんて競合するはずないだろう、
とタカをくくっていたのですが、まさか
落札失敗するとは思ってもみませんでした。

もしかすると、他のスクール生と
競合してしまったのかもしれません。

結構気に入っていたのでショックでした。

今思い出しても、当時の悔しさと
失望感がよみがえってきます。

あの天秤ばかりが今頃誰かの手に
渡ってしまっていると思うと…。

油断大敵、思い込みは禁物です。

これからコピーライティングを学ぼうという
人間にとってあるまじき失敗ですが、
逆に良い教訓になりました。

こんな感じのであれば、普通に安く手に入りますね。

あくまでもイメージを掻き立てるためのものなので、全然OKだと思います。

で、話を戻すと、この天秤ばかり、
商品づくりやセールスレター作成には
とても重宝します。

実際に重りを乗せなくても、目の前に置いて
天秤の動きをイメージするだけで、
自然とバランスを取ることができるんです。

そんなに高いものではないので、
ぜひ手に入れて使ってみてください。

かなりおススメです!

この天秤ばかりと究極の説得の方程式
『スーパーフォーミュラ』を使った、
さらに深い説得の技術については、

Jrコピーライター養成スクールで
詳細に話されています。

今すぐ以下のURLをクリックして
詳細を確認してください。
→ 募集は終了してしまいました。

もし内容が気になる場合は、
こちらからお問い合わせください。


コメントを残す