儲け話は持ってきたやつが儲かる。

桜


儲け話は、持ってきたやつが儲かる。

「あなたのため」ではなく「私のため」。

本当に儲かるなら人には教えないだろ、
っていうのは、まさにそう。

世の中には、儲けてるフリをしてる人も多い。

水面下で足をバタつかせてる白鳥のごとく。

一見きらびやかに見えても、内情は
火の車っていうのはマジでよくあるパターン。

あんなもん、見せ方でどうにでもなる。

プラットフォームに依存するビジネスは、
足元をすくわれるリスクが極めて高い。

「ツール」とか「システム」で永続的な
「権利収入」や「不労所得」なんて
得られるわけがない。

この世は「諸行無常」なんだから。

儲け話を持ってきたのは誰か?
その人物は”本当に”儲けてるのか?

よく見て、よく考えて判断した方がいい。

「儲けのタネ」にされている可能性だってある。

誰かが持ってくる儲け話で
儲かることなんて、ほぼない。

もちろん、一時的に儲かるってことは
あるかもしれないけど、でも、それで
家族を養って資産形成もして老後まで…
ってことにはまずならない。

うまい話には裏がある。

儲け話ビジネスには十分気を付けよう。

儲け話で夢を売って儲けるのが、
彼らのやり方なんだから。


コメントを残す