市場を支配して独占する方法

こんにちは、たにーです!

コピーを書くときに
最も重要なことがあります。

それは、
「売れる商品、市場の見極め」です。

いくらコピーライティングのスキルを
身に付けて、テクニックを駆使して
コピーを書いても、そもそもの話、

“売れないものは絶対に売れない”んですね。

コピーライターは、
競馬で例えると騎手です。

で、馬が商品やサービス、
コースやレースが市場、ということです。

いくら騎手が素晴らしくても、
馬に力がなければ勝てません。

コースが苦手だと勝負も難しくなります。

強い騎手や馬ばかりのレースに出場しても
簡単には勝てませんよね。

コピーライティングのテクニックを使えば
何でも売れてしまうと思っている人も
多いですが、それは大きな勘違いです。

売れないものは、絶対に売れません。

なので、コピーを書く以前に、まずは
勝てる商品、市場で勝負する、
ということが必要なわけです。

では、勝てる商品・市場を見つけるには
どうすればいいのか。

それには、『市場を支配する』
という考え方が大切です。

今回は、この『市場を支配する』という
考え方についてお話ししていきます。

市場を支配するというのは、すなわち
市場を独占するということです。

市場を独占すれば、価格やルールを
自分で自由に決められます。

自分で土俵を作ることができるので、
ビジネスを有利に進められるのです。

そのために最も重要なのが、
『ゼロから生み出す』
という考え方です。

チャンスは、過去ではなく未来にあります。

今さらマイクロソフトやGoogle、
facebookなどと勝負しても
到底勝ち目はありません。

これらは、すでに過去の出来事です。

多くの人は、過去の成功事例や
ビジネスモデルを真似しようとしますが
最大のチャンスは未来にあるんです。

もちろん、今あるものを良くしていく、
という考え方も大切です。

が、ゼロから生み出すということに比べると、
小さなチャンスでしかありません。

“無から有を生み出す”

要するに、今はまだ無い市場、
誰も気づいていない市場を見つける、
ということですね。

これが、市場を独占するために
非常に重要な考え方になります。

そして、市場を独占するために
さらに大切なのが、『競争しない』
ということです。

競争をすると、絶対に負けます。

今、いくら力を持っていたとしても、
競争をしている限り、自分より強い存在が
いつか必ず現れるんです。

では、競争しないためには
どうすればいいのか。

その一つが、
「真似できない技術を持つ」
ということです。

ライバルが簡単に真似できない技術を
持つことで、競争する必要がなくなります。

逆に言えば、真似できない技術を
持たなければ、市場は独占できない、
ということなんです。

そして、市場を独占するための
最大のポイント。

それが、『持久戦』です。

とにかく持久戦で生き残り、
時間をかけて市場を独占していく。

競争せず、自分の市場で
自分のポジションを常に作っていく。

先駆者として市場に入ることよりも、
いかに最後まで生き残るか、
ということが大切になります。

ぜひ参考にしてみてください。

で、今回お話ししてきた内容は、
Jrコピーライター養成スクールの
授業の、ほんの一部です。

本編では、さらに詳しく
『市場を支配する方法』について
解説されています。

この方法をマスターすれば、まだ誰も
気づいていない新しい市場を見つけ
先駆者として大きな利益と名声を
手に入れることも可能です。

さらに、その市場で長く生き残り
安定的にビジネスを行っていくことも
できるでしょう。

他のライバルに先を越されないように、
いち早く新しい市場を見つけて
参入の準備を始めてください。
→ 募集は終了してしまいました。

内容が気になる場合は、
こちらからお問い合わせください。


コメントを残す