ネガティブは悪ではない

新幹線からの夕焼け


ネガティブな感情は、
確実にそこにある。

それにフタをして、無理矢理
ポジティブに考えるのではなく、
ちゃんとネガティブな感情と
向き合うことが大切。

自分の感情にウソはつけない。

なぜネガティブになっているのか、
しっかり自分と向き合ってみよう。

最近、ネガティブな感情は悪、
ネガティブ一切排除みたいな論調が
増えていることに違和感がある。

世の中は、陰と陽。

光があれば影もある。
表があれば裏もある。
いいことがあれば、悪いことも。

感情も同じ。

ポジティブがあれば、
ネガティブもあるということ。

ネガティブを極端に排除するから、
感情のバランスが崩れちゃう。

どんなにポジティブな人間でも、
ネガティブな感情は絶対にある。

それが、世の中の法則。

僕が言いたいのは、
ネガティブは悪ではない
ということ。

ネガティブな感情を認めてあげて、
ネガティブと深く向き合う。

そして、ネガティブを抱きしめる。

すると、ポジティブになれる。


コメントを残す