参入すべき市場の見つけ方


こんにちは、タニーです!

「15年間無給でもやりたいことは何ですか?」

Jrコピーライター養成スクールで
出された宿題のうちの一つなのですが、
これは本当に悩みました。

15年給料なしでもやれることなんて
そうそうありません。

そもそも、15年何かを続けるということ
だけでも難しいのに、ましてや無給で
やるなんて余程の事じゃないと無理です。

ですが、これを見つけることが将来的に
市場を独占して支配するということに
繋がっていきます。

なので、しっかりと時間をかけて
考え抜かないとなりません。

ただ何となくブームに乗ったり
闇雲に規模の大きい市場に参入しても
大きな成功を手にしたり、長く
生き残っていくことはできないんですね。

今回は、こんなテーマについて
考えてみましたので、ぜひご覧ください。

で、話を戻すと
「15年間無給でもやりたいことは何か」
ということなんです。

あなたは、これまで15年続けて
なにかやってきたことはありますか?

僕は、15年以上続いたことと言ったら
野球くらいのものです。

最近は時間が無くてできていませんが、
小学校3年生から40歳になるまで
続けています。

プロ野球選手でも野球教室を
やっているわけでもないので、もちろん
野球をしても収入はありません。

ですが、もうかれこれ30年以上も
続いているわけです。

なぜ、そんなに長く続けられるのかというと
単純に好きだからなんですね。

やっぱり好きじゃないことは、
長くは続けられないと思います。

好きな事を仕事にしろとか、逆に
好きな事は仕事にしてはならないとか、
いろんな意見があります。

が、儲かる儲からないは別にして、
長く続けていこうと思ったら、やはり
好きな事の方がいいと思うわけです。

そもそも、パッションがなければ
長続きしませんよね。

で、15年何かを続けるって、
思うほど簡単ではありません。

無給で続けるとなると、余計です。

なぜこんなことを考えなければならないのか
というと、市場を独占するためには、
15年くらいかかるからなんです。

まさに持久戦ですね。

最終的に持久戦を勝ち抜き、生き残った会社が
市場を独占していくことになります。

なので、そもそもパッションのないことでは
持久戦に持ち込めない訳なんですね。

参入する市場を決める前には、まず
15年無給でもいいというような
パッションのあることを見つける。

これが、市場を独占して支配するための
ファーストステップになります。

ちなみに、僕の15年無給でもやりたいこと、
それは…秘密です、 押忍 !(笑)

ぜひあなたも、15年無給でもやりたいことを
考えてみてくださいね。

そして、いくら好きでパッションがあっても
例えば、野球のように市場が大きく、参入者も
多い場合は独占するのが極端に難しくなります。

なので、将来的に自分の市場を作っていく場合は
できるだけ小さな市場からスタートする、
ということが大切になるわけです。

では、小さな市場を見つけるためには
一体どうすればいいのか。

これについても、Jrコピーライター
養成スクールの宿題で、その具体的な
ステップが詳しく説明されています。

これらの宿題を一つずつ順番にこなしていく
だけで、将来的に独占して支配可能な市場を
見つけられるようになっているんです。

この市場さえ見つかってしまえば、
ビジネスの成功は、ほぼ約束されたと言っても
過言ではありません。

ただ、新しい小さな市場に参入するのは、
早ければ早いほどいいです。

もしかしたら、あなたのライバルも
同じことを考えている可能性も高いです。

ライバルに先を越されてしまう前に、
今すぐ以下のURLをクリックして、
具体的なステップを手に入れ、いち早く
ビジネスをスタートしてください。

市場独占5ステップ:
→ 内容はこちらからお問い合わせください。


コメントを残す