集客用ランディングページを外注する前に外注化の問題点を理解しておこう

桃陵公園の夜桜

集客ページなんて外注すればいい
という声があります。

最近は、1ページいくらで
つくってくれる制作会社も
増えています。

また、ココナラやランサーズのような
クラウドソーシングのサービスを使えば、
比較的安くつくることも可能です。

ですが、集客ページの外注には
いくつか問題があるのです。

例えば、どんな問題があるかというと、
 
・自分に合うクリエイターが見つからない
・クリエイターとの意思疎通が難しい
・修正などのやり取りが面倒
・追加料金や納期が必要になったりする

など、これらはほんの一部です。

で、これ以上にさらに重大な問題があります。

それはなにかというと、
集客できない集客ページが納品される
という問題です。

納品された集客ページを、満を持して
公開してもまったく集客できない。

そんな悲惨な事態が起こってしまうのです。

なぜそんなことになってしまうのでしょうか。

答えは簡単で、そもそもページ自体が
集客できる構造になっていません。

集客を考えてつくられていない
ということです。

見た目はそれっぽく見えても、
まったく集客力がない。

では、なぜ集客できないのか、
ということなのですが、原因は
いろいろあります。

・マーケティングを理解していない
・リサーチ不足
・デザインが過剰
・コピーがダメ

ざっくり言うと、こんな感じです。

マーケティングや集客、
コピーライティングに習熟していなければ、
いくら凝ったデザインにしても、集客できる
ページをつくることはできません。

で、そのような外注先を見つけるのは
本当に難しいのです。

しっかりと集客できるページを
つくろうと思えば、やはり、それなりの
投資は必要になってきます。

当然のことですよね。

さらに言うと、自分で集客できる
ページをつくるスキルがなければ、
納品されたページが集客できる
ものなのかどうかすら判断できません。

正しく修正を依頼することも
できないのです。

自分好みのページを
つくって自己満足で公開し
まったく集客できない。

そんなページが、本当に多いのです。

スモールビジネスを展開している
個人起業家さんなどは特に、外注する前にまずは
自分で集客ページをつくり集客できるスキルを
身に付けておく必要があると僕は考えます。

集客できる集客ページとは
どのようなものか。

それを理解したうえで外注することで、
最も効率よくビジネスを展開できると
思うからです。

このスキルを身に付けておけば、
もし外注先に恵まれないとしても、
なんの問題もありません。

外注先の都合に関係なく、集客したい
と思った時に、自分でサクッと
集客ページをつくってしまうことも可能です。

今回、僕と同じスモールビジネスを
展開する個人事業主の方の応援をしたい、
力になりたいと思い、

「自分で集客ページを4時間でつくる」

というテーマのセミナーを
開催することにしました。

詳細は、明日4月23日(日)、
午前9時にご案内します。

もし興味があれば、以下のURLより
メールマガジンの登録をお願いします。

集客ページを無料でつくる
ノウハウはもちろん…、

僕の最大の武器である
コピーライティングのテクニックの
数々も伝授します。

ぜひ楽しみにしておいてください!

今すぐメールマガジンに登録:
→ 募集は終了しました。

セミナーは終了しましたが、オンラインレッスンにて個別にご案内することが可能です。

もし興味があればお問い合わせください。


コメントを残す