ランディングページ集客はデザインよりコピーライティングを重視する

成田空港上空

LP(ランディングページ)を外注すると、
それなりの時間とお金がかかります。

外注先とのやりとりも意外に大変です。

集客できるページをつくろうと思うと
丸投げでの発注はまず無理です。

なので、打ち合わせや修正が
何度も必要になります。

意思疎通がうまくいかなければ
必然的に修正も増え、予想以上に
時間がかかります。

また、修正やオプションで費用が
かさんでしまうということも多いです。

さらに、修正には時間もかかるので、
なかなか集客をスタートできない
ということが起こります。

LPに時間とお金をかけるリスク

そして、集客できるLPのポイントを
理解していない業者であった場合、
お金と時間をかけた割に、集客できない
ページができ上がってしまうわけです。

で、実際問題として、そのポイントを
きちんと理解して制作している業者は
数えるほどしかないと言われています。

では、その「集客できるLPのポイント」
とは一体なにか。

それは、

集客できるLPに大切なのは
デザインではなくコピーだ

ということです。

これを理解せず、デザインばかりに
時間とお金をかけたページをつくる
業者があまりにも多いのが現実です。

今は、無料のLP作成サービスでも
デザインされたテンプレートを
使うことができます。

デザインは、はっきり言って
それらのテンプレートで十分です。

イラストや画像、アニメーションを
駆使したり、目がチカチカするような
色や文字をつかったり。

そんな派手なデザインや演出は
一切必要ありません。

むしろ、派手すぎるデザインは
読み手の注意を分散させます。

コピーよりもデザインに注目してしまい
伝えたいことが伝わらなくなります。

いろいろな要素がありすぎると、
読み手はどこを見ればいいのか
分からなくなってしまうのです。

結果、離脱してしまうという
ことが起こります。

これでは本末転倒です。

一見、デザインが派手な方が
集客できそうなイメージがありますが
実際はそうではありません。

必要以上にデザインすればするほど
集客効果が下がっていくのです。

なので、デザインより、
コピーライティングのクオリティを
上げることに注力してください。

ここ重要なので、もう一度言います。

集客できるLPに大切なのは、
デザインではなくコピーです。

集客できるコピーライティングの方法さえ
理解することができれば、自分でパパッと
LPをつくり集客を始められます。

「集客しよう」と思ったときに、
すぐに集客できるようになるのです。

自分の力で。

もし今、LPのことで少しでも悩みがあるなら
僕のセミナーにご参加ください。

僕が現場で使っている成果実証済みの
集客LPのつくり方をあなたにお伝えします。

今すぐ以下のURLをクリックし、
詳細を確認しておいてください。
→ 募集は終了しました。


コメントを残す