うどん「一福(いっぷく)」国分寺町新居:セルフ

うどん一福・肉うどん


スポンサーリンク


高松市国分寺町新居にある、うどん「一福(いっぷく)」。

うどん一福

行列のできる人気店で、休日や大型連休などは店の前はもちろん、入店待ちの車が車道に列をなします。

うどん一福

先日の3連休に通りかかったときの様子です。ちょっと車列ができていますが、大型連休にはこの車列が手前のガソリンスタンドくらいまで伸びていることもあります。

こうなると逆側から(西方面)は非常に入りづらいので(というかほぼ入れない)、こちら側から攻めるのが得策です。

一福の行列

今回注文した、かけうどん(中):320円。

細麺でコシがあり、ツルっとしたのど越し、ダシもしっかりしてます。天かすやネギ、しょうがなどはセルフでトッピング。

細麺とはいえ、量は多めです。僕はいつも欲張って中を注文して「えらっ」ってなってしまうんですが、小でも十分。このボリュームでこの価格はうれしい。

うどん一福・かけうどん

こちらは、かけ(小):220円+おあげ:110円。

おあげは、ダシがしっかり染みていてふっくらジューシー。

うどん一福・かけうどんとおあげ

こちらは、ざる(小):280円。ネギやしょうがはセルフです。

うどん一福・ざる

こちらは、肉うどん(小)。値段は忘れてしまったんですが、多分(小)で550円くらいだったと思います。

牛肉とネギを甘辛く煮込んであるんですが、肉も柔らかくしかもガッツリ乗っていてボリューム満点!肉好きにはたまらない一品です。

うどん一福・肉うどん

ゲソ天。値段は忘れましたが、てんぷら関係はだいたい110円~150円の価格帯だったと思います。

ゲソ天、なかなか大きくて食べごたえも十分です。

スポンサーリンク


うどん一福・げそ天

ちくわ。子供がかじってしまっててすみません。揚げたて、サクッとしてうまし。

うどん一福・ちくわ天

僕の大好きな、とり天:150円。もも肉1枚ほどの大きさで、かなりのボリューム。しっかり味付けされていて、なにもかけなくてもうまいです。

これを取るなら、うどんは(小)にしといた方が無難かも…。

うどん一福・とり天

もちろん、おでんもあります。たれはみそダレ。しっかり味付けされていて、おでんとの相性はピッタリです。

うどん一福・おでん

おまけの「鬼びっくり七味」。地元綾川町にある「山清」という会社の商品で、「鬼びっくり」という名前だけあって、なかなかの辛さ。

でも、普通の七味とはまた違った辛さで、心地よいピリピリ感がうどんにマッチしている感じです。こういう小さなところのこだわりはポイント高いです。

鬼びっくり七味

お昼どきにはいつも込み合ってて、僕が行ったときもどんどんお客さんが来てました。

僕は家族で行ってたので、できたら座敷に座りたいなぁなんて思ってたんですが、入店したらすぐ人数を聞いてくれて、僕らが座る座敷を確保してくれました。

他の店に行くと、少人数で大きな座敷に座っているお客さんとかよく見かけます。でも、ここは家族連れなど多人数の方向けに座敷を常に開けてくれてます。

子供連れで行くと、店員さんが必ず席を確保してくれるので、「座れないかも」という不安がなく安心して行けます。こういうサービスは、家族連れにとってはとてもうれしいですし、ポイント高いですね。

席の心配はないし、うまいし量は多いし、価格も良心的。もちろん禁煙なので、家族連れにはおすすめのお店です。

ぜひ一度行ってみてください。

うどん「一福(いっぷく)」情報

  • 住所:高松市国分寺町新居169-1
  • 営業時間:10時~14時(土・日・祝は15時まで)
  • 店休日:不定休
  • 席数:45席
  • 駐車場:25台
  • 電話番号:087-874-5088


コメントを残す