コーヒーエネマ(腸内洗浄)のやり方とコツ

コーヒーエネマ


こんにちは、タニーです。

この記事では、僕がもうかれこれ
4年近く続けているコーヒーエネマの
やり方とコツをご紹介します。

机上の空論ではなく、4年間自ら
人体実験を続けてきたなかで得た
リアル体験情報です。

もし、やってみようかどうしようか
迷っているなら、ぜひこの記事を
参考にしてみてください。

あなたの背中を押して差し上げますよ笑

コーヒーエネマとは?

「コーヒーエネマとはなんぞや!?」
という人もいるかもしれないので、念のため。

コーヒーエネマとは、腸内洗浄のことです。

腸内洗浄というと難しく聞こえますが、
要するに浣腸のことですね。

おしりの穴からコーヒーの入った
洗浄液を流し込み、腸内を巡らせたあと
便と一緒に排出します。

薬剤を一切使わない、
オーガニック浣腸です。

ちなみに、僕は現在
ほぼ毎日やっています。

腸内スッキリ、これ以上ない爽快感。

はっきり言って、
めちゃくちゃいいです。

コーヒーエネマに必要なアイテム

コーヒーエネマに必要な
アイテムをご紹介します。

エネマバッグ

以下が、コーヒーエネマの主役となる
エネマバッグです。

コーヒーエネマ用エネマバッグ

3年半以上も使っているので
コーヒーの色素が沈着してしまってますが、
こまめに掃除をしているので
機能上は何の問題もありません。

ちなみに、僕が使っているのは
スリムエネマという商品です。

エネマバッグの中では定番の商品で、
エネマを始めて以来、ずっと愛用しています。

ホースやノズルは単体での
購入も可能なので、僕はこれらを
定期的に交換しています。

もっとも、エネマバッグ自体
それほど値段のはるものでもないので
すべて交換するのもいいかもしれません。

そして、エネマバッグのほかに
次のようなアイテムが必要になります。

コーヒーエネマのアイテムセット

 

  • オーガニックコーヒー
  • 精製水もしくは天然水
  • コーヒードリッパー&フィルター
  • オリーブオイル
  • 計量カップ(必要なら)

オーガニックコーヒー

抽出に使うコーヒーは、
オーガニックのものがオススメ。

腸に直接入れるものなので
なるべくこだわりたいところです。

コーヒーエネマに使うカルディのオーガニックコーヒー

 

ネットで注文したり、近所の
ショップで買ったりしていますね。

僕はコーヒーもよく飲むので、
カフェインが気になるときは
カフェインレスのものも使ったりしています。

ちなみに、以前ニュースにもなった
「カフェコロン」ですが、現在は
販売されていません。

で、代替品として
「カフェトリニティ」という
商品が販売されています。

薄めて洗浄液として使えるだけじゃなく、
普通に飲めるようです。

飲んでも便秘に効く、
みたいに書いています。

詳細は、商品ページで
確認してみてください。

精製水もしくは天然水

きれいな水にとことん
こだわるのであれば、精製水を
使うという選択肢もアリです。

でも、1回1Lくらいは使うので
コストがそこそこかかります。

なので僕は、普通に市販の
天然水を使っています。

飲んでも結局腸までいくので、
そこはあまり気にする必要も
ないのかな、と。

もし、どうしても気になるようであれば
一度煮沸してから冷まして使えば
問題ないと思います。

コーヒードリッパー&フィルター

コーヒーを抽出するための
ドリッパーとフィルターです。

エネマバッグには、約1Lの
洗浄液が入ります。

1Lで適温の洗浄液をつくるためには
約300ml~500mlのコーヒーが必要になります。

なので、大きいサイズのドリッパーと
フィルターがオススメです。

あ、そうそう、ドリッパーを乗せている
抽出用の大型カップは、スリムエネマの
キットに付属しています。

なので、スリムエネマを購入する場合は
別途準備する必要はありませんので、念のため。

計量カップ

コーヒーを抽出するための
お湯を入れたり、洗浄液の分量を
計量したりするときに使います。

といいつつ、僕は普段は
計量カップは使っていません。

洗浄液は目分量ですし、お湯は
ポットから直接注いでいます。

計量カップは必須ではないので、
なくても大丈夫です。

必要に応じて準備してください。

オリーブオイル

オリーブオイルは、ノズルを
おしりの穴に差し込むときに使います。

ノズルにオリーブオイルを塗ることで
スムーズに挿入することが可能です。

なお、潤滑油として使うだけなので
そんなに大きなサイズは必要ありません。

スーパーで売っている、
一番小さなサイズで十分です。

オリーブオイル

これは、僕がコーヒーエネマを始めたときに
買ったオリーブオイルです。

内容量は50gですが、3年8か月経った今でも
まだ使いきれていません。

賞味期限は、とっくの昔に
過ぎてしまってます…笑

ちなみに、オリーブオイルの代わりに
ローション等でも代用できます。

以上が、僕がコーヒーエネマをやるために
使っているアイテムになります。

とりあえず、これだけあれば十分です。

コーヒーエネマのやり方

では、僕がやっているコーヒーエネマの
やり方をご紹介します。

まず、ポットに天然水を入れ
沸騰させます。

その間に、洗浄液を入れるカップに
コーヒードリッパーをセット。

コーヒーエネマとドリッパー

以前は、別でコーヒーを抽出したり
していましたが、手順をどんどん簡素化した結果、
このような形に落ち着きました。

ドリッパーをセットしたら、
オーガニックコーヒーの粉を入れます。

カルディのオーガニックコーヒー

コーヒーは、いつもはこのくらいの分量です。

以前は計量スプーンに一杯入れていましたが、
あまり多く入れる必要もないな、と思い
量を減らしました。

コーヒーエネマに使うコーヒードリップ

洗浄機に色が付く程度でいいんじゃないか、と
個人的には思っています。

この辺は、あなた自身で
いろいろと試してみてください。

お湯が沸いたらドリッパーに注ぎ、
コーヒーを抽出します。

コーヒーエネマに使うコーヒーとティファールポット

画像では見えづらいですが、洗浄液のカップには
計量用の目盛りが付いていて、最大1Lまで
洗浄液をつくることができます。

僕はだいたい、コーヒーを
300ml~500mlくらい抽出し、
その上から天然水を足しています。

これくらいの分量で天然水と混合すると
ちょうど人肌の温度くらいになるんです。

冬場は天然水が冷えているので、
お湯を多めにするといいですね。

逆に、夏場はお湯を減らすと
ちょうどいい温度になります。

経験上、体温くらいが
ちょうどいいですね。

極端に熱い、冷たいのは
好ましくありません。

体温くらいが一番ホールドしやすく
排出もスムーズだと感じます。

※ホールドとは、洗浄液を
腸内にとどめておくこと

最初は感覚をつかむために
温度計を使ってつくってみても
いいかもしれません。

僕は結構適当なので、手で触って
なんとなくいけそうだ、くらいの
感覚でつくっています笑。

コーヒーエネマに使うコーヒー

洗浄液が完成したら、
エネマバッグに注ぎます。

重力を利用して注入するので、
エネマバッグはできるだけ高い位置に
設置するのがポイントです。

僕はちょうどよいものがなかったので
石膏ボード用のフックを取り付けました。

液を注ぐ際には、チューブのクリップを
閉じるのを忘れないようにしてください。

これを忘れると、注いだ液が
そのままチューブから排出されるという
大惨事が起こってしまいます…笑(経験済み)

コーヒーエネマ

ここまでできたら、準備は完了です。

あとは、ノズルにオリーブオイルもしくは
ローションを塗り、おしりの穴に差し込むだけ。

おしりの穴や腸内を傷つけないよう
ゆっくり、優しく挿入してください…。

最初は勇気が必要かもしれませんが、
慣れたらどうということはありません。

注入・ホールド・排出のコツ

注入:
僕はいつも1Lを注入していますが、
最初は300mlくらいの少量からスタートし
少しずつ量を増やしてきました。

いきなり1Lは難しいと思うので
少量からスタートするのがいいです。

100ml程度でもいいので、まずは
注入するというアクションに
チャレンジしてみてください。

僕はいつもトイレで便器に座って
注入していますが、横になって注入した方が
入りやすいという意見もあります。

入りにくい場合は横になって
やってみるのもいいかもしれません。

が、スペース的な問題もあり、
横からの注入は思ったより難易度が高いです。

さらに、もし失敗して漏れたときの
リスクが高いので、個人的には
あまりオススメできないですが…。

もしやるなら、お風呂場や
マットを敷くなど、しっかりと対策してから
チャレンジしてくださいね。

ホールド:
注入したあと、数分間その状態で
ホールドします。

ホールド時は、横になり
左→仰向け→右と体勢を変えながら
ゆっくりと腸内に洗浄液を行き渡らせます。

と、簡単に書いていますが、
このホールドが思っているよりキツイんです。

最初はおそらく、ほとんど
ホールドできずに出てしまうと思います。

なので、この時間も少しずつ
伸ばしていくようにしてください。

慣れれば、この時間も
コントロールできるようになります。

なお、ホールドの時間については
いろいろ試してきたのですが、
現時点では2分程度に落ち着いています。

あまり長い時間ホールドすると
逆に排出しづらくなったり、
ということもありますので、この辺は
いろいろと試してみてください。

余裕ができてきたら、ホールド時に
腸をマッサージしてあげると
さらに効果的です。

排出:
排出については、腸内のものを
出すだけなので特にコツはないです。

ただ、その日の体調などによって
出やすいときと出にくいときが
あったりします。

僕は出やすいときは20分程度で
出てしまいますが、出ないときは
40分くらいかかったこともありました。

もし出にくいな、と感じた場合は
腸をマッサージしてあげると
出やすくなります。

排出できたかできてないかは、
なんとなく感覚で分かります。

また、完全に排出できていない場合、
不意に便意をもよおす場合があるので
そこは注意しておいてください…笑

注入・ホールド・排出は
ハッキリ言って慣れが必要です。

何度もやってみて、自分なりの
スタイルを探してみてください。

まとめ

僕なりのコーヒーエネマのやり方を
ご紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか。

これまで、3年8カ月以上
続けてきているわけですが、

現時点で言える個人的な感想は、
コーヒーエネマはマジでイイ。

これはほんとに
心からオススメできます。

人体実験のつもりで始めたのですが、
今やエネマのない生活は考えられません。

これから少しずつ情報を
シェアしていきますので
ぜひお楽しみに。

質問やご意見、実践報告なども
どしどしお寄せください。

そうそう、ご質問等には
僕の経験を踏まえてお答えしますが、
実践はあくまで自己責任でお願いしますね!

僕も、すべては自己責任というスタンスなので。

この記事が、少しでもあなたの
お役に立てればうれしいです!


コメントを残す