広告のパイオニア「クロード・ホプキンス」の教え

ゴッド・オブ・アドバタイズメント。

今回は、広告のパイオニアと言われる
「クロード・ホプキンス」をご紹介します。

広告の神様

彼は、19世紀末から20世紀の最初にかけて
活躍したアメリカの有名なコピーライターです。

すでに亡くなって80年以上が経ちますが、
今もなお語り継がれる伝説の広告人なのです。

「広告の神様」とも呼ばれる彼が遺した
広告マーケティング普遍の教えを、
いくつかの書籍を参考にしながら
お伝えしていきたいと思います。

彼の書籍の中には、刊行してから
100年近く経つものもあります。

読んでみればわかるのですが、およそ
100年近く前に書かれたものとは思えないほど
今でも通用する内容ばかりです。

彼が生きた時代は、新聞や雑誌が
メインだったので、今では使えない手法や
古くなってしまった手法もあります。

が、それは時代の流れなので仕方ありません。

その時代時代によって、ノウハウや
テクニックは移り変わっていくものです。

大切なのは、本質・考え方です。

彼の残した書籍には、広告マーケティングの
普遍的な教えが詰まっています。

100年近く前に書かれたなんて
ちょっと信じられないくらいです。

全く色あせていないと言うか、100年前だと
相当革新的な手法だったんだろうな、
というものもたくさんあります。

現在まで読み継がれているというのも
納得できます。

彼は、著書の冒頭で
「広告は科学である」
と言い切っています。

僕は、これは完全にその通りだ、
と思います。

広告はギャンブルではなく、
予測可能なビジネスだ、という
趣旨のことも述べています。

これも僕は、全面的に賛成です。

広告にお金を使うことに、ネガティブな
イメージを持っている人も
多いのではないでしょうか。

もし、大きなお金を投入して失敗し、
回収できず赤字を出してしまったら…。

そう考えて、広告にお金を投入するのを
躊躇している人もいると思います。

これは、完全に誤った思い込みです。

広告は、正しい方法で運用すれば、
実はリスクは少ないのです。

クロード・ホプキンスの著書
【広告マーケティング21の原則】
でも説明されていますが、

「テストキャンペーン」を実施すれば、
どの程度広告の効果があるのかが予測できます。

現在は、
「テストマーケティング」
とも言われています。

商品に需要がありそうなのか、
どのくらい広告費を投入すれば
どのくらいの売上げが期待できるのか。

テストマーケティングをおこなえば、
結果がある程度予測できるのです。

この事実を知ってしまうと、広告に対する
不安や恐怖は無くなってしまいます。

効果のない広告に多額のお金をつっ込み、
大赤字を出してしまう、ということも
ありません。

テストマーケティングは、広告で利益を
出すうえで、本当に重要なのです。

そして、このテストマーケティングについて
より詳しく学べるのが、
「Jrコピーライター養成スクール」です。

コピーライターは、コピーを書くだけが
仕事ではありません。

しっかりと売り上げを上げるためには、
マーケティングについても、
深く理解しておく必要があります。

売れない商品、需要のない商品は、
どんなに素晴らしいセールスレターを
書いたところで売れないからです。

時間と労力、お金のムダになってしまいます。

せっかく必死の思いでセールスレターを
書いたのに、まったく反応がない…。

広告費も回収できず、報酬も受け取れず、
クライアントの信用も仕事も失う…。

そんなことにならないためにも、
Jrコピーライター養成スクールで
きちんとしたマーケティングを
学ぶことをオススメします。

今すぐ以下のURLをクリックして、
スクールの詳細を確認してください。
→ 募集は終了してしまいました。

もし内容が気になる場合は、
こちらからお問い合わせください。


コメントを残す