髪がペタッとならない方法をついに発見!?

美容室でのブロー

【さよならペタジーニ】

いくらセットしても。
いくらセットしても。
いくらセットしても。
 
すぐにペタッとなる髪。
 
なので、家族からは
「ペタジーニ」と呼ばれています。
 
でも、それも今日で終わりです。
 
なぜなら、「ペタッとならない方法」を
見つけてしまったからです。
 
その方法とは「ブローをする」。
 
セットする前に、ちゃんと
ブローをするだけで、1日中
ボリュームを保てることが
分かったんです。
 
「何を今さら」
 
と思われるかも知れませんが、
ブローの習慣がなかった僕にとっては
人生を変えてしまうほどの大発見でした。
 
ダイソンか。
マイナスイオンか。
 
焦げくさく今にも火を噴きそうな
1000円ドライヤーとも、別れの
ときが近づいています。

さよなら、ペタジーニ。
今までありがとう、1000円ドライヤー。
 
君たちのことは忘れません。
 
そして今日。
 
僕は生まれ変わる。
新しいドライヤーとともに。

おい、みんな!
 
父さん、今日からパリッシュや!
 
 
PS.
ペタジーニとパリッシュは
野球好きでないと分からない
ネタとなっています。
 
ちなみに、語感だけで
本人たちとは何ら関係がありません笑。

PPS.
自分の流したい方向に手ぐしで
ブローをすると、とてもセットが
しやすくなります。
 
さらに、髪の中に空気を入れる感じで
ブローしていけば、長時間ふんわり感を
持続させることができます。
 
ただ、キューティクルの方向に
ブローをした方がいいとか、髪に熱を
こもらせない方がいいとか。
 
ブローの方法にはいろいろある
みたいなので、あなたの髪に合った
方法をぜひ見つけてみてください。
 
ブローを甘く見ていましたが、
思い通りにセットするうえでは
結構重要な要素なんですね。
 
しかも、自然乾燥よりも
ブローをした方が髪にも
いいらしいです。
 
キューティクルが開いている時間が
長いので髪が傷みやすい。
 
雑菌が繁殖して、ニオイの
原因になりやすい、など。
 
美しい髪を保つためには
ブローも大事なんですね!

おすすめコラム

新幹線からの夕焼けネガティブは悪ではない

コメントを残す