クリスマスにGoogleマップでサンタさんの位置と到着時間が分かる!

サンタさんの位置が分かるGoogleマップ

「ヤバい、ヤバい、はよ!」

「もう到着するやん!」

「ちゃんと持ってきてくれるかな?」

12月24日。

Googleマップを見ながら、サンタさんの
場所に一喜一憂する子供たち。

クリスマス・イブの夜になると
サンタさんがプレゼントを配る
ルートが見られるんですよね。

サンタさんの現在地とか、
次の目的地とか、到着時間とかが
リアルタイムで分かるんです。

サンタさんの位置が分かるGoogleマップ

Googleマップでサンタさんの位置が分かる!

場所を確認しながら、猛ダッシュで
お風呂や着替え、歯磨きを済ませ、
枕元にくつ下を用意。

と、そんななか、息子が突然
コップに牛乳をつぎはじめ。


「え?なんしよん?
さっき歯磨きしたやん」

「違う。サンタさんに
飲んでもらおうと思って」

サンタさんへの手紙1

「牛乳をのんでください」とのメッセージが

おお、さすがわが息子。
気が利くじゃないか。

でも、なんせ真っ暗のなかを
歩かねばならない。

もし足でも引っかけてコップを
倒そうものならえらいことになる。

それに、暖房のなかに
何時間も置いた牛乳なんて
飲めたものではない。


「おおっ、さすがやな。
でも、サンタさんは忙しいから
牛乳を飲む時間がないかもしれん。

そりの中で飲むんだったら
ラムネとかの方がいいんじゃない?」

「うん、じゃあラムネにする!」

ということで、なんとか
説得することに成功。

サンタさんへの手紙2

牛乳からラムネへのシフトに成功

さらに、長女がクッキーを包みはじめ
サンタさんへのおみやげが完成しました。

それらを寝室の入口に置いてセット完了。

とりあえず布団の中に入ったものの、
興奮してなかなか寝付けないようで。

寝静まるまで別の部屋で仕事を
していたのですが、なんだか
起きている気配がするんですよね。

で、日付の変わった午前3時ごろ
黒い服に着替え、息をひそめて寝室へ。

どうやらみんな寝ているよう…。

というより、真っ暗なので
寝ているかどうかはもはや分からず、
寝ていることにして強行突破。

3人分のプレゼントを
運び込むのはとにかく大変。

特に今年は大きな箱ものが多く
運び込むのも置くのも苦労しました。

箱がデカいんで、油断すると
ドアや壁に当たるし包装紙は
ガサガサいうし。

最終的に、

「もうどうでもええわ」

って感じで開き直って配置。

最後に、入り口に置いてあった
ラムネとクッキーを持って
そっとドアを閉じ任務完了。

いやー、もうサンタさんも10回目だけど
何度やっても冷や汗かきますねぇ。

でも、プレゼントを見つけて喜ぶ
子供たちを見るとやっぱりうれしい。

長女も、もう来年は小学校6年生。

どうやら周りでは
「サンタさんなんているわけないじゃん」

って言ってる子たちもいるようで。

もし、子供たちに
「サンタさんっていないの?」

って聞かれても
「いるよ!」
ってずっと答えるつもりです。

いつまで信じているのかは
分かりませんが、いつまでも
夢は持ち続けて欲しいと思う。

Googleマップ、とても
面白いので、お子さんがいたら
ぜひ使ってみてください!


コメントを残す