僕がコーヒーエネマを始めたきっかけ

コーヒーエネマのアイテムセット


スポンサーリンク


こんにちは、タニーです。

僕がコーヒーエネマを始めたのは、
仙人さんの「X-Power」という
健康プログラムがきっかけです。

仙人さんは僕のコピーの師匠なんですが、
実は医学の知識もかなりすごいです。

その知識を使って、難病の治療を
している治療家でもあります。

そのX-Powerの中で語られていたのが、
この「コーヒーエネマ」だったんです。

このプログラムの中で
「腸内洗浄・コーヒエネマ」っていうものを
初めて知りました。

このコーヒーエネマは、
ナチュラル浣腸とでも言いましょうか。

普通の浣腸は薬剤の力で
排便を促しますよね。

ですが、このコーヒーエネマは
コーヒーを薄めてつくった水を
肛門から注入しそれを排出するんです。

まさに「洗浄」という言葉がピッタリ。

腸内に液体を入れて便を排出する、
っていう概念がそもそもなかったので、
初めて聞いたときはかなり衝撃でした。

排便を促すっていうと、
食物繊維やヨーグルトを食べるとか、
下剤や便秘薬を使うとか。

そんな感じですよね、普通は。

なので、初めて話を聞いたとき
「ほんまに大丈夫なんか!?」

と、ちょっと半信半疑なところが
あったのも事実です。

しかも、僕は便秘でも
便通が悪いわけでもありません。

なので、特に必要性も感じなかったし、
これからもやることはないだろうな、
と思っていました。

スポンサーリンク


ですが、その約3ヶ月後、
僕はコーヒーエネマに
チャレンジすることになります。

なぜ必要性も感じなかったのに
改めてやってみようと思ったのか。

それは、仙人さんがプログラムの中で
しきりに排便の重要性を語っていたからです。

栄養を摂取するのも大事だが、
同じくらい便を出すのも大事だと。

もちろん、メリットばかりではなく
デメリットもある。

でも、エネマをやるデメリットより、
やらないデメリットの方が大きい。

まあ、本当のところは実際に
やってみないとわからないし、
仙人さんがそこまで言うんだから
きっとやった方がいいんだろう。

どんなもんか分からないけど、
とりあえず試しに1回やってみるかー。

そんな軽い感じで、エネマを始めたのが
2015年の6月。

なんだかんだで、もうすぐ
4年になろうとしています。

ちなみに、3年ほど前からは
ほとんど毎日コーヒーエネマをやっている
というくらいのハマりよう。

たまにやる、という人は結構いても、
ほぼ毎日やっているという人は
あまりいないんじゃないでしょうか。

そういう意味では、なかなか
レアな情報かもしれません。

実際にやってみた効果や感想などは
これから少しずつシェアしていきます。

やろうかどうしようか迷っている、
そんなあなたの参考になりますように。

なにか聞きたいことがあれば、
お気軽にコメントください。

答えられる範囲でお答えします…笑

その他、感想なども、ぜひ!


コメントを残す