顧客リストがあるのに売れない理由


こんにちは、タニーです。

いかにお客様との関係性を築き、維持していくのか。

これが長期的に安定して商品やサービスを売るための秘訣だと考えています。

商品やサービスが売れない理由

僕は、コピーライターになってから、これまで20業種以上の集客や販促に関わってきました。

そして、相当な顧客リスト数を持っているクライアントなのに、思うように売れないということを何度かしてきました。

僕のこれまでの経験則やデータ、顧客リストと売上げのセオリーから言っても、これくらいのリスト数なら、だいたいこれくらいの集客や売上げが見込める、という目安があります。

ですが、その目安を大幅に下回ってしまうということが何度かあったのです。

決して、商品やサービスは悪くないにも関わらず、です。

一体なぜ、そんなことが起こってしまうのでしょうか?

顧客リストとの関係性づくりが重要

実は、状況を詳しく聞いていくと、ほとんどの場合で顧客リストとの継続的な関係性づくりをしていないということが分かったのです。

顧客リストに価値はない、
顧客リストとの関係性に価値があるんだ

というような話しをどこかで聞いた記憶がありますが、まさにその通りだと思います。

顧客リストに価値がない、とまでは言いませんが、関係性が濃いリストとそうでないリストでは、全く売上げが変わってくるのは間違いのない事実です。

そう考えると、やはり関係性の濃いリストの方が価値があると言うことができるのではないでしょうか。

オンライン、オフラインに関わらず、お客様との関係性を築き保ち続けることは、ビジネスを安定させるうえで最も重要だと僕は考えているのです。

一度セールスしたら終わり、売ったら終わりでは、なかなかビジネスは安定しません。

新規客の集客は難しいし、コストもかかりますしね。

既存のお客様、もしくは見込み客にアプローチし買ってもらうのが、一番簡単で売れる確率も高いです。

そのために重要なのが、継続的に関係性を築き維持していく、ということなのです。

顧客リストとの関係性づくりに有効なこととは?

では、そのためにはどうすればいいのか。

それが、ニュースレターやメールマガジンです。

もし、まだやっていないなら、必ずやるべきです。

なぜなら、すでに効果は実証済みだから。

マーケティング界の権威、ダン・ケネディも

ダン・ケネディ

「ニュースレターをやらない奴はバカだ」

と言っているくらいですから。

安定して売上げを上げ続けている会社は、ほぼ例外なくニュースレターやメールマガジンなどで顧客との関係性を築き、それを維持しています。

とはいえ、ただニュースレターやメールマガジンを送ればいいというものでもありません。

せっかく貴重な時間とコストをかけてやるのであれば、ちゃんと売上げにつなげていきたいですよね。

ニュースレターやメルマガのよくある間違い

ですが、ニュースレターやメールマガジンをやってはいるけど、やり方を間違ってしまっているためにうまく売上げにつながっていない、ということがよくあります。

例えば、自己満足のニュースレターや売り込みばかりのメールマガジンなどがその最たるものです。

このようなものをいくら送っても関係性を築けないばかりか、下手をするとお客様に嫌がられ離れていくということにもなりかねません。

では、お客様と継続的に良好な関係性を築け、なおかつ売上げにもつながるような効果的なニュースレターやメールマガジンを送るためには、一体どうすればいいのか?

続きは次の記事で。

効果的なニュースレターを書くコツ

コメントを残す