息をするようにコピーを書く方法


こんにちは、タニーです!

文章を書くのにやたら時間がかかる。

そんな悩みをお持ちの方も
多いのではないかと思います。

僕はコピーライターをやっているので、
文章を書くのが仕事です。

ただ、スラスラと流れるように文章が書けるか
というと、必ずしもそんなことはありません。

全く手が止まってしまい、
締め切りが迫っているのに、無情にも
時間だけが過ぎていく。

時には、そんなこともあったりします。

趣味の範疇でやっていれば、1記事に
いくら時間がかかったとしても、納得いくまで
考えて書けばいいと思います。

ですが、僕は仕事として文章を書いているので
当然締め切りは守らなければなりませんし、
書けないからと言って止める訳にはいきません。

何としてでも、頭から文章を絞り出し
コピーを完成させなければならないのです。

今回は、
「どうすれば手を止めることなく
思うようにスラスラ文章が書けるのか」

そんなテーマについて
考えてみたいと思います。

コピーを書くスピードは本当に重要です。

書くスピードが早ければ、それだけ
たくさんの仕事ができるからです。

たくさんの仕事ができるのは、それだけ
多くの価値を与えられる、ということです。

つまり、より多くのキャッシュを手にできる、
ということなのです。

もちろん、スピードだけでなく
クオリティも大事です。

いくらスピードが早くても、コピーの
クオリティが低ければ、商品や
サービスは売れません。

そんなコピーを納品してしまえば、
一発でクライアントからの信用を失い、
業界内でも悪い噂が広まってしまいます。

ショボいコピーしか書けない三流ライターの
レッテルを貼られ、皆の笑いものになり
業界内での居場所も仕事もなくなり、
路頭に迷ってしまうことにもなりかねません。

一流のコピーライターは、
スピードとクオリティを兼ね備えて
おかねばならないのです。

しっかり時間をかけて腰を据えて書けるに
越したことはないのですが、時には時間との勝負
というような緊急の案件もあります。

できるかできないか、ではなく
何としてでも、やらなければならないのです。

そんな時はとにかく、脳機能を覚醒させ
思考回路とタイピングスピードを限界まで高め、
ひたすらキーボードを叩き続ける必要があります。

ですが、そんな時に限ってプレッシャーから
思考停止状態になり手が止まる、
ということが起こってしまうのです。

「早く書かなければ」

と思えば思うほど精神的に追い詰められ、
手が動かないまま、どんどん時間だけが
経っていきます。

こうなると、本当に苦しいです。

楽しいはずの仕事が苦痛でしかなくなり、
逃げ出したくなることも何度もありました。

とはいえ、逃げ出して迷惑をかけるとか
社会人としてあり得ないので、そこは
気力と根性で何とか乗り切ってきました。

おかげで、今は手が動かなくなってしまう、
ということはほぼなくなりました。

ですが、たまに考え込んでしまって
なかなか書けない、ペースが上がらない、
ということがあります。

加井さんが教えてくれたのですが、
仙人さんは、コピーを「息をするように書く」
のだそうです。

僕も、そのような領域に達したいと
考えています。

その仙人さんが運営する
「Jrコピーライター養成スクール」は、
卒業後も徹底したサポートが約束されています。

卒業したから終わり、ではありません。

卒業生が困ったり悩んだりした場合には、
親身に相談に乗ってくれます。

場合によっては、仕事のあっせんを
お願いすることも可能です。

もちろん、僕も
Jrコピーライター養成スクールを
卒業しています。

なので今回は、
「Jrコピーライター養成スクール」の卒業生として
仙人さんにこんな質問をしてみたいと思います。

「コピーを息をするように書く方法を教えてください!」

Jrコピーライター養成スクールは
徹底的なサポートが約束されているので、
授業の質疑応答コーナーで、この質問が
シェアされるはずです。

もし、文章やコピーを書くのに時間がかかる、
思うように書くことができない、といった
僕と同じような悩みを抱えているとしたら…

Jrコピーライター養成スクールに入学し、
ぜひ授業を聴いてみてください。

文章が書けないと悩むことは、
今後二度となくなるでしょう…


書けない悩みを解決する唯一の方法

今すぐ以下をクリック!
→ 募集は終了してしまいました。

ぜひ以下の記事もご覧ください。

Jrコピーライターマインドセットカード子孫に残すセールスレター:最強テクニックを躊躇しながらシェア!

コメントを残す