アーロンチェア・リマスタードが起こしたデスクワーク革命

こんにちは、たにーです!

まあ、尻と腰が痛いです。
首も痛いし肩もこります。

コピーを書いていると、ほぼ
1日中座りっぱなしなんです。

本当に動かないんですよ。

以前はハードな肉体労働をやっていたので
体力的に厳しいものはありましたが、全く
動かないのも、それはそれで苦痛です。

身体に異変があると、そこばかりに
意識がいってしまい、ライティングに
集中できなくなってしまいます。

コピーのクオリティや
スピードにも大きく影響します。

この状態を少しでも早く改善するには、
椅子を変えるのが一番手っ取り早いです。

今使っている椅子は、お世辞にも
良い椅子とは言えません。

というか、むしろボロいです。

数年前にネット通販の安売りで買った
クッション性皆無のインチキメッシュ椅子

座面はカッチカチでノンリクライニング、
メッシュなのにガンガン蒸れる。

極めつけは、ピンク色。

こんな椅子では、到底
良い仕事はできそうにもありません。

これまで根性で乗り切ってきましたが、
それも、もう限界です。

これ以上、この状態が続けば
仕事の品質はおろか、肉体や精神にまで
悪影響が及んでしまいます。

なので、早急に椅子を
買い替える必要があります。

ただ、長時間座る椅子です。

ライティングにも直接影響するものなので
できる限り品質が高くなければなりません。

そこで、僕が狙っているのが
「アーロンチェア・リマスタード」です。

成功者のワークチェア

このアーロンチェアは、ハーマンミラー社が
販売している、ワークチェアの最高峰とも
言える、ビジネスパーソン憧れの逸品です。

この椅子に座って仕事をするのが
コピーライターの夢だと言っても
過言ではありません。

ビル・スタンフとドン・チャドウィックの
2人の有名デザイナーが生み出した、
世界で初めてメッシュ素材を取り入れた、
革新的なワークチェアー。

そうです、このメッシュ素材が、この
アーロンチェア最大の特徴なんです。

椅子といえばクッションだと思いますが、
なんと、このアーロンチェアには
クッションがありません。

代わりに使われているのが、「ペリクル」
という特殊なメッシュ素材。

このペリクルのおかげで、体重が
シート前面に分散され負担を軽減、しかも
熱や蒸れも防いでくれるんです。

他にも、人間工学に基づくデザインで
腰や背骨に負担をかけない正しい姿勢を
常に保ってくれます。

また、どんな姿勢になっても
身体に吸い付くようにフィットする
リクライニング機構。

12年間の保証に、修理やオーバーホールなど
アフターサービスもバッチリです。

デザインもスタイリッシュですし、
歴史も実績もありますし、どう考えても
非の打ちどころがありません。

このアーロンチェアに変えるだけで、
コピーのクオリティが2割・3割、いや
5割増しにすらなりそうです。

身体の負担が減るので能率も上がり、
スピードもアップし、納期も前倒しで
どんどん納品できるようになるでしょう。

コピーライターとしての成功が
約束されたも同然だと言えます。

さらに、今回僕が狙っているのは、
アーロンチェアの最新モデル、
「アーロンチェア・リマスタード」です。

このアーロンチェアが最初に発売されたのは
今から約20年前。

20年も経つと、オフィスの様式や
ワークスタイルも様変わりしています。

なので、現代のスタイルに合わせて
リマスターされ、ニューバージョンに
進化しました。

それが、
「アーロンチェア・リマスタード」
なのです。

こんなに素晴らしいワークチェアなんで、
きっとお高いんでしょうね。

もしかしたら、あなたは
こんな風に思ったかもしれません。

だとしたら、正解です。

ちなみに、このアーロンチェア、
いくらくらいだと思いますか?

ズバリ正解を言ってしまうと、
アーロンチェアの最新モデル、
「アーロンチェア・リマスタード」の価格は…

252,720円(税込)です。

くう~っ。
やっぱ、いいものは高いぜ!

だけど、それくらいじゃないと
プレミアム感出ませんし、自己重要感や
自尊心も満たされません。

それにしても、どれほど座り心地が良いのか
今から本当に楽しみです。

ちなみに、このアーロンチェア、
仙人さんも使っているんですよね。

あなたも、アーロンチェアを手に入れて
極上の座り心地を体感してみませんか?

座り心地は、またシェアします!


コメントを残す