親が人生を楽しんでいる姿を見せることが、子供への一番の教育だと僕は思う。

神戸


新成人になられたみなさま、
おめでとうございます。

そして、今年もまた成人式という
晴れ舞台で、残念な出来事がありましたね。

毎年そんなニュースを見ながら、
僕はある種の同情をおぼえるわけです。

彼らはある意味、教育の被害者と
言ってもいいかも知れません。

残念ながら、間違った教育を
施されてしまったのです。

子供がどういう人間になるかどうかは、
はっきり言って親の責任だと
僕は考えています。

子供は、親の背中を見て成長する。
これは間違いありません。

子供はすべて見ています。

子供は親の真似をします。

「子は親の鏡」とはよく言ったもので、
子供を見れば、どんな親かだいたい
分かりますよね。

なので、子供を教育する前に、
親が自らをかえりみないといけない。

僕はそう思います。

勉強をさせたかったら、まずは
親が楽しく勉強している姿を見せる。

そうしたら、彼らは
その姿を見て真似をします。

親がゲームやって遊んでばかりいたら、
子供が勉強するわけないですね。

とにかく、親が人生を楽しんでいる姿を
見せることが、子供への一番の教育だと、
僕は思っているんです。

自分が人生を楽しむことで、
子供の教育にもなる。

まさに好循環だと思います。

勉強だけじゃなく、
遊びも趣味も、すべてが教育です。

つまり、教育は親が自分の人生を
楽しむための免罪符にもなる
ということです(笑)

日本の未来のためにも、自分の人生を
思いっきり楽しみましょう!


コメントを残す