最近の建材は化学物質の宝庫。健康のためにも部屋の24時間換気は使うべき。

寝室

お部屋の換気してますか?

最近の建物には、少なくとも
459種類もの化学物質が
使われているみたいですよ。

それらの化学物質が化学建材から
発散され、不安やイライラ、頭痛、
不眠などの原因に。

しかも、その多くには発ガン性や
神経系への毒性があるんだとか。

以前建築の現場にいたときも、
木材やクロス、塗料に接着剤など
化学物質をつかった素材の
オンパレードでしたね。

僕は、冬場は寒くて換気を
ほとんどしてないのです。

寝室に行くと息苦しかったり、
眠れなかったりする時があるんですが、
もしかしたら、それも原因の1つかも
知れません。

屋外よりも、家の中の空気の方が
数倍汚れているとも言われていますし、
寒いけどちゃんと換気をした方が
いいですね。

冬場は寒くて24時間換気をオフに
してるんですが、やっぱりオンに
しておきます。

そもそも、24時間換気って、
環境ホルモンなどの化学物質を
抑えるのが目的ですからね。

化学物質って、目に見えないだけに
そういうところはちゃんとしたいですね。

空気清浄器も多少効果はあるようですが、
換気するのが手っ取り早いし、なにより
確実だと思います。

それでは、部屋の換気をしたあと
至福の読書タイムに入ります。

あなたも、素敵な夜を…。


コメントを残す